ここから本文です

赤ケバブ なぜ風営法を適用

7/20(木) 10:34 掲載

六本木「赤ケバブ」の客引き、風営法違反容疑で書類送検…普通の飲食店なのになぜ?

赤色看板の「赤ケバブ」と、青色看板の「青ケバブ」。いずれも、東京・六本木で隣り合うように競って営業するケバブ店だが、「赤ケバブ」が執拗な客引き行為をしたとして、経営者のトルコ国籍の男性が、警視庁麻布署に風営法違反容疑で書類送検された。(弁護士ドットコム)

[弁護士ドットコムで関連記事を探す]