ここから本文です

意思に反する転勤 見直す動き

7/18(火) 8:33 掲載

日本独自の「転勤」制度のゆくえ

いわゆる有名大の高学歴女子学生が、一般職での就職を希望する例が増えているという(参照:高学歴女子はなぜ今、あえて一般職を目指すのか)。この記事に登場する女子学生たちは、「結婚して子どもができてもずっと働き続けたい」と、働くことに前向きな気持ちを持っている。ただ、転勤や長時間労働を余儀なくされる総合職では、それが難しいと考えているのだ。(やつづかえり)

[続きを読む]