ここから本文です

博多金塊盗 通話傍受も把握か

6/4(日) 7:37 掲載

主犯格ら通話傍受も把握か 博多金塊窃盗、連絡方法をLINEに変更

 福岡市のJR博多駅近くで昨年7月、警察官を装った複数の男に約7億6千万円相当の金塊が盗まれた事件で、主犯格とみられる野口和樹容疑者(42)らが福岡県警に携帯電話を傍受されていることを把握していた疑いがあることが3日、捜査関係者への取材で分かった。同県警による傍受期間中に、連絡方法を変えた可能性があるという。事件を巡っては愛知県警の複数の警察官が逮捕前の容疑者側に捜査情報を漏らした疑いが浮上しており、愛知県警は地方公務員法(守秘義務)違反の疑いがあるとして調査を進めている。(西日本新聞)

[西日本新聞で関連記事を探す]