ここから本文です

村田惜敗に騒然 判定に批判も

5/21(日) 5:22 掲載

村田諒太が“疑惑の判定負け”で世界ベルト逃し場内騒然!

プロボクシングのWBA世界ミドル級王座決定戦が20日、有明コロシアムで行われ、ロンドン五輪金メダリストで、同級2位の村田諒太(31、帝拳)が同級1位のアッサン・エンダム(33、フランス)から4回に右のカウンターでダウンを奪い、5回、7回にも、“ロープダウン”とも取れる大ダメージを与えながら「1-2」の疑惑の判定負けを喫した。まさかの判定負けに1万人を越えるファンで埋まった場内は騒然となった。(THE PAGE)

[THE PAGEで関連記事を探す]