ここから本文です

医療か芸術か 入れ墨巡る裁判

4/21(金) 17:16 掲載

<入れ墨>医療か、芸術か…医師法違反争い、26日初公判

◇大阪・略式起訴の彫り師

 入れ墨(タトゥー)は「医療」か、「芸術」か--。医師免許を持たずに入れ墨を客に施したとして、医師法違反罪に問われた大阪府内の彫り師、増田太輝被告(29)の初公判が26日、大阪地裁で開かれる。検察側は肌を傷つける入れ墨を医療行為と指摘する一方、増田被告は「入れ墨は芸術で治療目的ではない」と無罪を主張する方針。弁護人によると、入れ墨を巡って同法違反罪が公判で争われるのは初めて。【原田啓之】(毎日新聞)

[続きを読む]