ここから本文です

旅券返納命令は適法 男性敗訴

4/19(水) 20:02 掲載

シリア渡航計画で旅券返納命令は「適法」 東京地裁判決

 シリアへの渡航計画を理由に、国から旅券の返納を命じられた新潟市のフリーカメラマンが、憲法が保障する渡航や報道の自由を侵害するなどとして、命令の取り消しなどを求めた訴訟の判決が19日、東京地裁であった。古田孝夫裁判長は「憲法がいかなる場合にも生命・身体より報道の自由が優先する、としているわけではない」と指摘。国の判断は適法だったとしてカメラマンの請求を退けた。(朝日新聞デジタル)

[続きを読む]
  • コメント