ここから本文です

高野病院で働く 医師の思い

2/8(水) 19:11 掲載

【原発から22km】高野病院の院長として働いて

この記事の筆者である私、中山祐次郎(36・外科医)は、2017年2月1日付で高野(たかの)病院の院長として3月末まで勤務します。本件については全国紙やTV等で多数、報道いただきました。メディアは主に私の就任を報道しましたが、実際のところ、働き始めてどうなのか。私の仕事は、日中は100人以上の入院患者さんの病院で医師ひとりで働く、いわゆる「ワンオペレーション」です。実際に働いてみて仕事は多かったのか、大変なのか、まとめました。(中山祐次郎)

[続きを読む]