ここから本文です

保護なめんな 氷山の一角か

1/19(木) 18:16 掲載

生保行政に蔓延する違法行為 小田原の事件は氷山の一角に過ぎない

神奈川県小田原市の生活保護担当職員が、「保護なめんな」「不正受給はクズだ」などの文言が入ったジャンパーを勤務中に着用し、着用したまま受給者宅を訪問するケースもあったということが、17日、市の発表で明らかになった。今回、市はジャンパーの使用を禁止し、担当部長ら7人を厳重注意処分としたようだが、ジャンパーは2007年以降使用されており、10年間にわたって問題は放置されていたということだ。(今野晴貴)

[続きを読む]