ここから本文です

1台80万円 超小型ロケット

2016/12/24(土) 15:40 掲載

神奈川大、材料費1台80万円の超小型ロケット打ち上げ成功!

小型衛星の投入も視野
 神奈川大学工学部の高野敦准教授らは、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)で強化し軽量化した新型ハイブリッドエンジンやフェアリング(ロケットの先頭部)分離機構を搭載した超小型ロケットの打ち上げに成功した。伊豆大島差木地近隣広場(東京都大島町)から打ち上げたもので、機体とデータの回収に成功している。将来は小型衛星の打ち上げを想定しており、小型で安価なロケットと組み合わせれば、打ち上げコストの大幅な削減が期待できる。(ニュースイッチ)

[ニュースイッチで関連記事を探す]