ここから本文です

日本のギャルは消えたのか

2014/12/29(月) 12:58 掲載

ヤマンバ、イベサー、ガングロ…ギャル・ギャル男はどこに消えたのか? 【 「ギャル文化」と「渋谷」をめぐる歴史を紐解く】

 2014年、ギャル系雑誌『EDGE STYLE』『egg』『BLENDA』『小悪魔ageha』『Happie nuts』が相次いで休刊し、アメリカで放送されているニュース番組「NHKワールド」でも「日本のギャル雑誌消滅」という話題が伝えられた。それを見たアメリカ人が「もう渋谷が存在する意味はないのか? 悲しすぎる」とFacebookに投稿していたので、ちょっと気になって渋谷のセンター街へ行ってみた。2011年にメインの通りが「バスケットボールストリート」に改称されたセンター街には、郊外にもあるチェーン店が多く立ち並び、あれほどたくさんの若者が集まっていた場所には、今どきな黒髪の大人しそうな少女たちが歩いていた。そして「ギャルの聖地」と呼ばれ、ギャルで溢れ返っていた「SHIBUYA 109」には、仲の良さそうな母娘が連れ立って買い物に来ている空間となっていた。(ダ・ヴィンチニュース)

[ダ・ヴィンチニュースで関連記事を探す]