IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ 緊急事態宣言による生活への影響は?

主要ニュース

緊急事態宣言の詳細

緊急事態宣言の具体的な内容は?

政府は、首都圏以外の6府県について、2月28日をもって緊急事態宣言を解除すると発表しました。

緊急事態宣言解除後の生活で注意することは?

宣言解除後の生活について、政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は感染のリバウンド(再拡大)の防止策を提言しました。

提言では、卒業旅行や歓送迎会、お花見などの行事を控えること、会食は同居家族、または、いつも近くにいる4人までとすることなどを呼びかけました。

内閣官房などからの発表

特措法など改正、内容は?

感染症対策の実効性を高めるため新たな罰則や、緊急事態宣言前にも飲食店などに時短営業の要請や命令などができる「まん延防止等重点措置」などを盛り込んだ、改正特別措置法と改正感染症法が施行されました。

「まん延防止等重点措置」とは?

「まん延防止等重点措置」は、緊急事態宣言が出される前や宣言解除後の地域を対象に適用されます。

指定された地域では、都道府県の知事が飲食店などに対して営業時間の短縮を要請、命令することができ、違反した場合は20万円以下の過料が科されるなど、緊急事態宣言に準じた対策を実施できます。

都道府県が独自に出す宣言との違いは?

法的根拠を持つか持たないかが最大の違いです。 都道府県で独自宣言を初めて発表したのは北海道(昨年2月28日)で、その後も他の自治体でも出すところがありました。しかし、これには法的根拠がなく、あくまで知事からの「お願い」の範囲にとどまります。 これに対し、政府が発出する「緊急事態宣言」は特措法に裏付けされたものなので、都道府県が独自に出すものとは全く異なります。

【Q&A】「緊急事態宣言」とは?(THE PAGE)

生活への影響

学校の授業や入試の対応は?

文部科学相は、緊急事態宣言が出された場合も、小中高の学校に対して一斉休校は要請しないことを表明しています。

交通機関への影響は?

緊急事態宣言の対象になっている地域を中心に、鉄道など交通機関にも影響が出ています。

営業時間短縮に応じた場合の支援は?

政府は、緊急事態宣言が出された地域の営業時間短縮に対しては、協力金の支援額を引き上げ、1か月当たり180万円までの協力金を国が支援すると発表しています。

相談窓口

心の不調がある場合の相談先やケア

心の不調や生活への不安を感じたときに相談できる窓口やケアをまとめました。

全国の情報

各都道府県ごとの発生状況

北海道 青森 岩手 宮城 秋田
山形 福島 東京 神奈川 埼玉
千葉 茨城 栃木 群馬 山梨
新潟 長野 富山 石川 福井
愛知 岐阜 静岡 三重 大阪
兵庫 京都 滋賀 奈良 和歌山
鳥取 島根 岡山 広島 山口
徳島 香川 愛媛 高知 福岡
佐賀 長崎 熊本 宮崎 大分
鹿児島 沖縄

表示地域選択

現在表示されている地域

設定なし(全国の情報を表示しています)

現在地から設定

市区町村名から設定

都道府県選択