IDでもっと便利に新規取得

ログイン

全国向けの情報 表示地域選択

【更新終了】東北、北陸で大雨 最新情報まとめ

最新情報

気象情報

雨雲レーダー

  1. 1時間前
  2. 5分前
  3. 10分前
  4. 15分前
  5. 20分前
  6. 25分前
  7. 30分前
  8. 35分前
  9. 40分前
  10. 45分前
  11. 50分前
  12. 55分前
  13. 現在
  14. 5分後
  15. 10分後
  16. 15分後
  17. 20分後
  18. 25分後
  19. 30分後
  20. 35分後
  21. 40分後
  22. 45分後
  23. 50分後
  24. 55分後
  25. 11時間後
  26. 2時間後
  27. 33時間後
  28. 4時間後
  29. 5時間後
  30. 66時間後
  31. 7時間後
  32. 8時間後
  33. 99時間後
  34. 10時間後
  35. 11時間後
  36. 12時間後
  37. 13時間後
  38. 14時間後
  39. 15時間後
降水量
  1. 0
  2. 1
  3. 4
  4. 12
  5. 24
  6. 40
  7. 56
  8. 80

(mm/h)

※Internet Explorer 11では正しく表示されません。 推奨ブラウザー をご利用ください。

全国の天気予報

全国の防災情報

08/17(水) 04:05 更新

土砂災害警戒情報 発表中
指定河川洪水予報

観測所ごとの水位

観測所ごとの水位を確認

観測所ごとの水位

現在この観測所の情報はありません。

その他の観測所ごとの水位を確認

河川洪水
  • 発表なし
  • 注意
  • 警戒
  • 危険
  • 氾濫発生
水位情報
  • 欠測
  • 基準なし
  • 平常
  • 水防団待機
  • 注意
  • 避難判断
  • 危険
浸水想定区域内の浸水深
  • 0.5
  • 1
  • 2
  • 〜5
  • 5(m)

警戒レベル
  • 2相当
  • 3相当
  • 4相当
  • 5相当
レベル 土砂 洪水 とるべき行動
5相当 命を守る行動を
4相当 全員避難
3相当 高齢者等は避難
2相当 避難行動の確認
今後の情報に注意
浸水想定区域 浸水深
0.5
1
2
〜5
5(m)

地図上に表示された危険な区域は、過去の被災実績などをもとにした想定です。気象状況によっては、区域を越えて災害が発生する可能性もありますので、十分に注意してください。

表示の切り替え

※Internet Explorer 11では正しく表示されません。 推奨ブラウザー をご利用ください。

洪水予報と基準水位

洪水予報には危険度に応じて4段階で設けられています。対応する基準水位と合わせると、危険度の低い順に、「氾濫注意情報」(氾濫注意水位)、「氾濫警戒情報」(避難判断水位)、「氾濫危険情報」(氾濫危険水位)、そして「氾濫発生情報」(氾濫の発生)です。

「氾濫警戒情報」や「氾濫危険水位」とは? 洪水予報と基準水位(Yahoo!ニュース オリジナル THE PAGE)

ユーザーによる投稿

投稿情報
  • 平常
  • 異常
  • 危険

コメントのみ表示

ユーザーの投稿情報

色分けと意味
  • 危険を感じる
  • 少しおかしい・様子が違う
  • いつもと変わらない
アイコンと意味
  • 状況の投稿
  • 災害の種類付きの投稿
  • コメント付きの投稿

投稿は「Yahoo!防災速報アプリ」で収集しています。

避難情報

全国の避難情報

08/17(水) 04:06 更新

避難指示
高齢者等避難

避難にあたっては、あらかじめ指定された避難場所へ向かうことにこだわらず、川や崖から少しでも離れた、近くの頑丈な建物の上層階に避難するなど、自らの判断でその時点で最善の安全確保行動をとることが重要です。

各自治体の情報

各電力会社の停電情報

交通への影響

全国の鉄道運行情報

08/17(水) 04:05

国内の各航空会社が発表している運航情報

道路の状況

安否情報

災害時に、固定電話、携帯電話・PHS等の電話番号宛に安否情報(伝言)を音声で録音(登録)し、全国からその音声を再生(確認)することができます。 暗証番号を付けて録音・再生を行うことも可能です。ガイダンスに沿ってご利用ください。

出典:総務省 画像制作:Yahoo! JAPAN

安否確認サービス(NTTグループ)


避難時の注意

今いる場所の危険度を確認

画像制作:Yahoo! JAPAN(内閣府の資料を元に作成)

避難所だけが避難ではない

「避難」とは指定された避難所に行くことに限りません。 危険だと判断した場合は無理に避難所に向かわず、近くにあるコンクリート造の建物などの上層階(崖から反対側)や山から離れた小高い場所などに避難をするようにしてください。 すでに外に出ることができない場合は、避難せずに自宅のできる限り高い階の崖から反対側に避難する「垂直避難」を心がけましょう。

防災手帳(情報元:内閣府など)

土砂災害の前兆現象に注意

土砂災害が発生する前には、さまざまな前兆現象が発生することがあります。こうした前兆現象に気づいたら、周囲の人にも伝え、すぐに避難をすることが大切です。

避難の際の注意点

車で災害にあったら

災害への備え

新型コロナウイルス感染症への対策

停電や断水への備え

原案:加藤篤 画像制作:Yahoo! JAPAN

被災したら

各地のライフライン情報など

各自治体の情報

気象情報など

被災地への支援

募金

ボランティア

ボランティア活動については、被災地の状況や、被災地の災害ボランティアセンターが発信している情報をよく確認のうえ、参加するようにしましょう。

水害にあったら

避難情報が出ている状況では、安全な場所にとどまるようにしてください。被災した家の整理や記録などは危険が去り、安全が確保されてから行うようにしましょう。

まずは自分のケアや家の応急手当を

最初に行うべきことは、自分自身を気遣うことだ。 大きな水害では、災害後のストレスがたまり、避難生活の疲労も蓄積している。生活環境の悪化に寝不足も重なり、健康被害も受けやすい状態になっている。まずは自分と家族を守ることが何より大切だ。

中澤幸介 浸水被害にあったら 修復までにすべきこと【追記あり】

家の被害状況の記録を

被災をしたら写真を取るなど、被害状況を記録しておくことで公的支援に必要な「り災証明書」の取得に必要になるだけではなく、民間の保険の申請などにも活用できます。

片付け・清掃時の衛生対策

水害では家屋に下水道などの汚水が流れ込むことで、細菌やカビの繁殖などが進み、感染症が発生する危険性もあります。被災後に気をつけるべきことを確認しましょう。

水に浸った車両の対処方法

水に浸った車両は、外観上問題がなさそうな状態でも、感電事故や、電気系統のショート等による車両火災が発生するおそれがあります。

り災証明と支援制度

自然災害で被災した際に、さまざまな制度が用意されています。制度によっては「り災証明書」が必要になります。申請の流れを確認しましょう。

申請の流れを確認しましょう

避難所での注意点

避難所で健康に過ごすために 水分・塩分をとる マスクを着用 歯磨き・手洗い・うがい 適度な運動 食べ物はすぐ食べる 十分な睡眠・休息

出典:厚生労働省/画像制作:Yahoo! JAPAN(厚生労働省の資料を元に作成)

避難所での感染症対策

・頻繁に手洗いをしてください。特に手すりやドアといった共用部分に触れた時などは手洗いをしましょう。 ・マスクがある場合は持参のうえ正しく着用し、咳エチケット等の基本的な感染対策を徹底しましょう。 ・避難所では換気を心がけ、人との距離をとって感染を予防しましょう。可能な限り密閉・密集・密接の「3密」を避けてください。

防災手帳(情報元:内閣府)

熱中症に注意

夏場の避難所では熱中症に注意(特に子供や高齢者)。のどの渇きを感じなくてもこまめに水分・塩分の補給を行い、通気性の良い吸湿・速乾の衣服を着用して暑さを避けます。

防災手帳(情報元:東京都発行 防災ブック「東京防災」)

食中毒に注意

食中毒は一年を通じて発生します。防止に最も有効なのが手洗いです。食器にも注意が必要です。水が使えないときは使い捨て容器にラップを敷いて使うとよいでしょう。

防災手帳(出典元:東京都発行 防災ブック「東京防災」)

炊き出しは衛生的に

調理・盛り付けの前、食材に触った後、トイレの後にはせっけんで十分に手を洗います。調理器具も、使用後や作業が変わるたびに洗浄と消毒を行います。

防災手帳(出典元:東京都発行 防災ブック「東京防災」)

エコノミークラス症候群に注意

避難生活において、食事や水分を十分に取らない状態で、狭い場所に長時間座っていて足を動かさないと、血行不良が起こり血液が固まりやすくなり、エコノミークラス症候群になる危険性がありますので、注意しましょう。

表示地域選択

現在表示されている地域

設定なし(全国の情報を表示しています)

現在地から設定

市区町村名から設定

都道府県選択