IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新年の「お年玉」どうしている? みんなのおうちのルール、金額の変化と相場、多様な渡し方…ポイントを解説

お正月の恒例行事である「お年玉」。金額はこの20年間で減少傾向にあり、コロナ禍によって、この行事との向き合い方も多様になっているようです。みなさんのおうちのルールや相場、疑問などさまざまな声を集めて「お年玉のいま」を紹介し、基礎知識やポイントも解説します。

あなたの家のお年玉ルールは?

Yahoo!ニュースの企画「【#みんなに質問】おうちの「お年玉ルール」ありますか?」にコメントで寄せられた、みなさんのお年玉のルールやエピソードを紹介します。

お年玉の相場について

※画像内コメントは記事から抜粋、原文ママ

お年玉の相場は、子どもの学年で決めるという意見が主流でした。幼稚園児(未就学児)は500〜1,000円、小学生は1,000~3,000円が多く、中高生は意見が分かれました。中高まとめて3,000円〜5,000円だったり、中学生は5,000円、高校生以上は一律10,000円だったりとさまざまです。 大学生は分岐点となっているようで「アルバイトやフリーター、就職した子にはあげない」「成人祝いで打ち止め」といった意見が。成年と未成年、社会人と学生の境目に差し掛かる年代は、家庭ごとにルールが多様化するようです。そのほか、独自のルールを決めている家庭も見られました。

最近のお年玉事情について

※画像内コメントは記事から抜粋、原文ママ

「親戚や知り合いが一堂に会する」場面が減り、たくさんのお年玉をもらえることがなくなった様子が伺えます。またお年玉の相場はここ数十年大きく変わっていないのに対し、物価は変化し続けていることへの意見などもありました。 そのほか、2022年4月1日の成年年齢引き下げを意識したコメントや、コロナ禍でお年玉を郵送するなど、時代を反映した意見が集まりました。

そのほかユニークな渡し方も

※画像内コメントは記事から抜粋、原文ママ

ユニークな渡し方も多数ありました。あみだくじやミニゲーム、つかみ取りなどゲーム性にあふれたルールは白熱すること請け合い。親戚が集まったときや、子どもが多いときに有効かもしれません。 そのほか、通知表やお手伝いなどと連動した出来高制など1年の総決算として渡すケースや、何歳になってももらえるといううらやましいルールの家庭も。

すべてのコメントを見る

何歳までお年玉をあげる?

お年玉は何歳まであげるものなのか。毎年話題になるこのテーマについて、Yahoo!ニュース みんなの意見で投票してもらいました。

※12/31 18:00 時点の投票結果

Yahoo!ニュースコメントと同様に18歳〜22歳の間で意見が分かれていますが、本調査では「22歳くらい(四年生大学卒業)」という方が多いようです。

今年はいくら? みんなの意見募集中


今年はお年玉をいくらあげる予定ですか? ただいまYahoo!ニュース みんなの意見では、お年玉の金額を募集中。あなたの一票もお待ちしています。

データから読み解くお年玉

近年のお年玉相場は実際のところどうなっているでしょうか。「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー・不破雷蔵さんの記事から読み解きます。

「お年玉の金額」は2000年以降、減少傾向にある

総務省の家計調査から読み取ると、直近の2021年では自世帯の子供へのお年玉が1,947円、他世帯の子供へが11,943円。この支出額は2000年以降でのピークだった2001年に比べて、それぞれ約3割、約4割まで落ち込んでいる。

※二人以上世帯の「他のこづかい」と「贈与金」(円/各年1月)

特に2021年では他世帯の子供へのお年玉が著しく落ち込んだが、これは新型コロナウイルスの流行により、帰省などがほとんどできなくなったことが原因と考えられる。 そこでこの額についてそれぞれの年の消費支出の割合を算出する。普段使いするお財布の中身のどれほどの割合なのかを示していることになる。この値に変化が無ければ世帯単位でのお財布事情が悪化しているので、お年玉も減っていると見なせるのだが。

※ 二人以上世帯の「他のこづかい」と「贈与金」(消費支出に占める割合/各年1月)

ほぼ金額そのものと同じような形状のグラフができあがった。お年玉の額が減っているのは世帯のお財布事情が原因ではなく、お年玉に割く度合いが減った結果ということ。自分の子供・他人の子供を問わず、子供へのお年玉は減少傾向にある。

不破雷蔵

お年玉に関するみんなの疑問

お年玉のお作法って意外と知らないものですよね。みんながよく検索するお年玉の基礎知識について和文化研究家の三浦康子さんに伺いました。

Q.お年玉をあげる相手で気をつけることは?

帰省した際に親に渡したくなる人がいるかもしれませんが、お年玉は目上から目下に渡すものなので、子から親へあげるのは失礼なこととされています。この場合は「御年賀」として渡してください。また、会社の上司など目上の人の家族にあげるのも失礼にあたるので、上司の子どもにお年玉を渡す必要はありません。もし何かあげたい場合には、図書カードや玩具などにするとよいでしょう。

  • 三浦 康子認証済み

    和文化研究家

    お年玉のお金を裸で渡すのも失礼にあたります。ポチ袋に入れるなど、必ず包んで渡しましょう。もし急にお年玉を渡す必要がある場合は、白い紙(懐紙が最適)に、なければティッシュペーパーなどの紙に包んで渡し、ポチ袋がないことを詫びましょう。また、紙幣はできるだけ新札を用意してください。

    ...もっと見る

Q.ポチ袋にお金をどう入れるの?

お金の入れ方や折り方にもマナーがあります。紙幣を開いたときに表(肖像があるほう)が見えるよう、表を内側にして左・右の順にゆるやかに3つ折りにします。大きめのポチ袋で2つ折りにする場合も、表を内側にして折ってください。お金を入れる際はポチ袋を表に向け、折った紙幣の天地が逆にならないようにしましょう。硬貨の場合は、絵柄・漢数字のあるほうが表になります。 紙幣を折らずに入れる封筒タイプのお年玉袋の場合は、封筒の表と紙幣の表を合わせ、肖像を上にして入れるとよいでしょう。

  • 三浦 康子認証済み

    和文化研究家

    ポチ袋に名前を書く場合、デザインにもよりますが、一般的には渡す相手の名前を表の左上、自分の名前を裏の左下に記載します。デザイン的に難しければ、空いている場所に記載しても問題ありません。

    ...もっと見る

Q.郵送してもいい? 送り方は?

お年玉を郵送しても失礼ではありません。郵便局で販売されている現金書留の封筒を用意し、ポチ袋などに入れたお金を送るのが良いでしょう。宛先は保護者の名前にしておくと安心です。元日に届けたい場合には、1月1日を配達日に指定して、配達日指定郵便を利用するのがおすすめです。 ※現金書留以外による現金の郵送は法律で禁じられています。

Q.電子マネーなど現金以外であげてもいい?

渡す相手や保護者の同意があれば問題ないでしょう。新型コロナウイルスによる帰省自粛などもあり、活用する人も増えているようです。たとえば、スマホ決済型の電子マネーの場合、主要な決済サービスにある送金機能なら、遠くからでもコメントを添えてタイムラグなしで送れます。ただし電子マネーの利用にあたり、銀行口座へ入金する際や、出金の際に手数料がかかる場合がありますので注意が必要です。

  • 三浦 康子認証済み

    和文化研究家

    お年玉を渡すタイミングは「三が日」を目安に、「松の内(1月7日、地域によっては1月15日)」までに渡すのがよいでしょう。松の内を過ぎた場合には、遅くなったことを詫びて渡すか、「お小遣い」として渡すようにしましょう。

    ...もっと見る

Q.子どもがいない人からもらったら、お返しは必要?

一般的にはお返しは不要とされています。とはいえ、毎年もらうばかりで気が引ける場合には、その人の好みを考えた贈り物をしたり、別の手段でお礼をしたりするなど、感謝の気持ちを表してもよいでしょう。

Q.お年玉をあげたくない場合はどうする?

理由はさまざまですが、お年玉をあげたくないという人もいるでしょう。親戚同士などで事前に話し合って取り決めをしたり、お金以外のものなどをあげたりすると相手との関係性が悪くならずにお正月を過ごせるのではないでしょうか。

表示地域選択

現在表示されている地域

設定なし(全国の情報を表示しています)

現在地から設定

市区町村名から設定

都道府県選択