本特集は2020年9月30日をもって

更新を終了しました。

私たちはコロナとどう暮らす みんなの「本音」と、そこから生まれた記事を読むことができます

大阪府が「うがい薬は新型コロナウイルスの感染予防になる可能性がある」と発表。発表に対して、SNS上でさまざまな声が上がりました。本当に予防になるのか、医師らの見解をまとめました。

新型コロナウイルスによって全国の公立学校が休校したため、多くの自治体が今年度の夏休みを短縮。学習の遅れや受験対策はどうしたらいいのでしょうか。

新型コロナの感染予防として定着したマスク。蒸し暑い季節はどういった点に気をつけてマスクを使えばいいのでしょうか。マスクの選び方や熱中症予防についてご紹介します。

新型コロナの感染が心配でも、災害時は自らの判断で避難行動をとることが重要です。避難所での感染予防や注意点などをまとめました。

新型コロナの感染拡大を機に多くの企業が新たな働き方を模索しています。それに伴って移住を検討する動きもあるようです。実際に移住した人はどのように感じているのでしょうか。

外出自粛で食品の買い置きを増やしたり、新しい家具を購入するなど「巣ごもり消費」が増えたと言われています。私たちの行動はどのように変化しているのかまとめました。

在宅勤務が広がりつつある一方、医療や交通機関などテレワークができない仕事も多くあります。ウイルスに備えながら働く際の注意点は。

「新しい生活様式」ではマスクの着用が求められています。暑い季節には、どういった点に気をつけてマスクを使えばいいのでしょうか。

新型コロナウイルスと共存しなければならない社会では、介護に不安を感じる人の声も上がりました。「新しい生活様式」が求められる中で、障害者や高齢者に寄り添う現場の様子を紹介します。

新型コロナウイルスの感染を防止するため、テレワークをする人が増加。快適なインターネット環境にするためには、何をチェックすればいいのでしょうか。

東京都知事選が7月5日投開票で行われます。6月に行われた沖縄県議選では、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて投票所への鉛筆持参などを呼びかけました。コロナで投票所や選挙戦はどう変わるのでしょうか。

新型コロナの感染予防策として、飛沫(ひまつ)を防ぐフェイスシールドを児童・生徒や教員につけさせる学校が増えています。学校でのフェイスシールド、必要だと思いますか?

政府の新型コロナウイルス感染症専門家会議が「新しい生活様式」を示してから、まもなく1カ月がたとうとしています。あなたはこの「新しい生活様式」を実践していますか?

コロナとどう暮らす 関連ニュース一覧

もっと見る