私たちはコロナとどう暮らす みんなの「本音」と、そこから生まれた記事を読むことができます

西村大臣は8月1日の大規模イベントの入場者数緩和について「慎重に考えたい」と述べています。そんななか大相撲7月場所も観客を入れて開催されます。観戦のポイントは?

「Go To トラベル」キャンペーンが22日から始まります。旅行をしていいのか、専門家の声やキャンペーンの概要をまとめました。

新型コロナの感染拡大を機に多くの企業が新たな働き方を模索しています。それに伴って移住を検討する動きもあるようです。実際に移住した人はどのように感じているのでしょうか。

コロナ禍をきっかけに、在宅勤務の導入など働き方を変えた会社が見られます。導入の狙いや新制度を推進するためのポイントなどをまとめました。

新型コロナウイルスの感染が続く中で、オンライン診療に注目が集まっています。利用した人や医師の声をまとめました。

「新しい生活様式」では定時の体温測定、健康チェックが求められています。猛暑の夏場でも体温は正確に測れるのでしょうか。非接触型の検温やサーモグラフィーを使った方法の留意点についても紹介します。

新型コロナウイルスと共存しなければならない社会では、介護に不安を感じる人の声も上がりました。「新しい生活様式」が求められる中で、障害者や高齢者に寄り添う現場の様子を紹介します。

厚労省が、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の配信を開始。どのようなアプリなのか、仕組みや使い勝手、開発者の声をまとめました。

1人あたり一律10万円が支給される特別定額給付金。申請時の注意点や、オンライン申請に必要なマイナンバーカードについてまとめました。

緊急事態宣言解除から2週間以上が経過しました。73%の人が「『3密』を避けながら過ごせている」と回答。具体的に気をつけるべきポイントをまとめました。

「新しい生活様式」の一つである「マスク」。暑い日は熱中症も心配です。こまめに水分補給をしたり、適宜マスクをはずしたりして対策をしている人が多い様子。気をつけるポイントをまとめました。

新型コロナウイルスの影響で、多くの企業が在宅勤務を導入しました。一方、テレワークができない人も浮き彫りに。今後定着するのでしょうか。

新型コロナの感染予防策として、飛沫(ひまつ)を防ぐフェイスシールドを児童・生徒や教員につけさせる学校が増えています。学校でのフェイスシールド、必要だと思いますか?

政府の新型コロナウイルス感染症専門家会議が「新しい生活様式」を示してから、まもなく1カ月がたとうとしています。あなたはこの「新しい生活様式」を実践していますか?

コロナとどう暮らす 関連ニュース一覧

もっと見る