ここから本文です

農産物の安全性認証「GAP」県が独自制度 岐阜新聞Web 7/23(日) 9:26 ◆東京五輪に食材提供 岐阜県は、農産物の安全性を示すGAP(ギャップ)認証の普及に向け、県独自のGAP確認制度を今秋に創設する。農業生産者が県GAPの認証を取得すれば、2020年の東京五輪・パラリンピックの食材として県産農作物を提供することが可能になる。[記事全文]

岐阜
静岡