ここから本文です

桜島 昭和火口 噴火相次ぐ MBC南日本放送 4/27(木) 20:18 27日夜、桜島の昭和火口で2回の噴火が相次ぎました。鹿児島地方気象台によりますと、27日午後6時18分に桜島の昭和火口で噴火があり、噴煙が火口から2000メートルの高さまで上がりました。噴煙は火口の南東、垂水市・鹿屋市方向に流れました。この噴火の32分後、午後6時50分にも昭和火口で噴火がありました。噴煙は火口から1800メートルの高さまで上がり、火口の南、指宿市方向に流れました。昭和火口では26日、去年7月以来、9か月ぶりとなる噴火が2回ありました。また、南岳では、ことしこれまでに合わせて3回の噴火が観測されています。桜島の噴火警戒レベルは5段階のうちのレベル3・「入山規制」が続いています。[記事全文]

鹿児島 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/89件