ここから本文です

死体の傷 時期推定する新手法 長崎県警・八木係長に警察庁長官賞詞 長崎新聞 9/23(土) 9:40  死亡した人が生前に傷を受けた時期を、科学的に推定する新しい方法を確立したとして、長崎県警科学捜査研究所(科捜研)の八木洋一法医係長(43)が医学博士の学位を取得し、警察庁長官賞詞を受賞した。従来は受傷後「7日前後」か否かしか科学的に推定できなかったが、新手法では「1~5日程度」の判断が可能。死亡者が虐待など日常的な暴力を受けていた場合に、殴打された時期をより正確に立証することなどが期待される。[記事全文]

長崎 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/153件