ここから本文です

地価下落率縮小 テレビ高知 9/19(火) 20:54 土地取引の目安となる地価が公表されました。住宅地や商業地などすべての用途で下落率は縮小しています。高知県は、県内240地点の地価をまとめました。それによりますと住宅地は17年連続、商業地は26年連続で下落しました。しかし、全体の下落率は1.0%と去年より縮小しています。住宅地では県内の経済指標が上向いていることなどから去年と横ばいの地点が8市町20地点から10市町24地点に増えています。商業地では高知市で県立高知城歴史博物館が開館し、新図書館の整備が進んでいることなどが地価に好影響をもたらしているとみられています。県は「引き続き下落率は、縮小する傾向にある」と話しています。なお県内の商業地で最も高かったのは、...[記事全文]

高知 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/59件