ここから本文です

ウナギに目印をつけ調査放流 三重・紀北町 メ〜テレ(名古屋テレビ) 9/23(土) 12:34 三重県紀北町の川で、ウナギに目印をつけ放流する取り組みが行われました。絶滅の恐れがあるとされるニホンウナギの資源回復につなげようと、紀北町の銚子川では地元の環境保護団体が、4年前から養殖ウナギの放流を行っています。2017年も、稚魚のシラスウナギから育てた体長50センチほどのウナギ約280匹が放流されました。ウナギの腹には目印がつけられています。目印のあるウナギが捕獲されると、生態調査のために研究機関に送られます。今のところ目印がついたウナギは捕獲されていないということです。[記事全文]

三重 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/262件