ここから本文です

発達障がい、作業療法士が適切ケア 学童クラブ訪ね助言 沖縄タイムス 9/24(日) 22:00  学童クラブを利用する発達障がいなどの子どもについて、医学的専門知識を持つ作業療法士が遊びや生活の様子を観察し、支援方法を助言する県内初の試みが7~8月の夏休み期間中、南風原町であった。作業療法士が町内4カ所の学童クラブを各3回訪問し、友達とうまく遊べない子やコミュニケーションが苦手な子の行動や会話から特徴をつかみ、学童指導員らに適切な関わり方をアドバイスした。(写真部・田嶋正雄)[記事全文]

大分
鹿児島