ここから本文です

若年性認知症、全国4万人 ADI国際会議、社会的支援の充実を 京都新聞 4/30(日) 22:53  65歳未満で発症する「若年性認知症」の人は全国で4万人近くいる。働き盛りの人も多く、仕事や生活への影響が深刻だが、社会や企業の理解は進んでおらず、政府は認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)で支援強化を柱に掲げる。京都市左京区の国立京都国際会館で4月27~29日にあった「国際アルツハイマー病協会(ADI、本部・英国)国際会議」(京都会議)でも主要テーマとなり、当事者が思いを語り、医師らが支援の重要性や研究成果を発表した。[記事全文]

ヘルス 新着ニュース
日付で絞り込む:

1~25/145件