Yahoo!ニュース

新学期を気持ちよく迎えるためにやるべきこと

上田麻希子ライフスタイルアップコーディネーター/整理収納アドバイザー

我が家の息子は4月から2年生!

3月の修了式当日含めて大量の荷物を持ち帰ってきました。

幼稚園時代から修了式には大きなバッグを持ち帰りますよね
幼稚園時代から修了式には大きなバッグを持ち帰りますよね

新学期を迎える前には終わらせておきたい持ち帰ってきたモノの仕分けについてお伝えさせて頂きます。のちのちやらなくてはいけない自分自身のためにも時間を決めてさっさとケリをつけてしまいましょう!!

持ち帰った作品について

先ほどの写真のバッグには作品がたくさん入っていました。

そのまま保管するとかさばるしキリがなくなってしまいますよね。

我が家では全て出して、息子のお気入りをまとめてマスキングテープで壁に貼り、1年生の作品として写真に残しています。

息子が選んだ作品を壁に貼り記念撮影
息子が選んだ作品を壁に貼り記念撮影

普段は扉の片面のみを作品コーナーとして掲示しています。(年間を通して時折り持ち帰るもので飾りたいと思ったもののみここに残しています)

記念撮影した作品は【残す】【処分】を息子自信に決めてもらい分けています。

残すものは思い出BOXに。思い出BOXは1つ用意してここに入る分だけ保管するルールを決めています。0歳からの思い出を厳選して残していますが、この箱を開けると同時に今までの残したモノの見直しをしています。

去年までは大切に保管したいと思っていたものも見返してみると処分できたりするものです。

今の気持ちを大切に仕分けをすることを心がけています。

無理に捨ててしまうことはしなくていいと思いますが、【見直し】は必要なことです。

持ち帰ったプリントなど紙類について

ペーパーレス化が進んでいるとはいえ、我が家の小学校はまだまだ紙が主流でたくさん持ち帰ってきました。日常ではため込まず即判断を心がけています。

プリント類

我が家の場合ほとんどが宿題とテスト!

この紙類こそ鮮度が命!いらないものは即処分しないと家中が紙だらけになってしまいます。

何のために保管しておくのか?

自分のため?子供のため?

中身が何なのかも分からずとりあえず保管をすると家中に蓄積されてしまいますよね。。。

これは子供のものに限らず家に届く郵便物すべてにいえることです。保管したいと思っている人はせめてクリアケースなどを使い1つにまとめておきましょう。

プリント類
プリント類

写真にあるオレンジやブルーのファイルに挟んであったモノを見ると中身がバラバラ・・・本人が分けて管理していた訳ではなさそうでしたので全て外しました。

残したいモノと処分するものを分けた状態
残したいモノと処分するものを分けた状態

我が家の場合、宿題のプリントやお知らせなどの紙はすべて処分、雑紙として処理しました。

残しておきたいモノ、時間がある時に見てから処分したいモノをクリップファイルに挟んで終わりです。

いる・いらないさえ判断さえしてしまえば実はとても簡単に済んでしまいます。

当たり前のことですが、、、蓄積されればされるほど気が遠くなる作業でもあるので、溜め込む前に作業することが何より一番オススメです。

教科書やドリル類

2年生になっても使うものがあるので(学校から指示がありました)

3つに仕分けしました。

①一時保管(2年生でも使う)

②保管(使用済み)

③一時保管→処分

教科書やドリル
教科書やドリル

①の2年生でも使う教科書類は新学期になってもすぐ分かるように教科書置き場に。

1年生は教科書も少なく省スペースで大丈夫
1年生は教科書も少なく省スペースで大丈夫

②の使用済みの教科書は我が家の場合保管しています、まだ私が分からないということもあり、時期がきたらまた見直すかもしれません。

使う教科書と混在しないために使用済みを保管するスペースをつくっています。

ここには学校だけではなく習い事のテキストなども一緒にしています。

③はまだ終わっていないドリルなど、これは春休み中に勉強して終わったら処分する予定です。

あゆみ(通知表)

我が家が前期と後期と2枚のあゆみ(通知表)があります。

どのように保管するか悩んだのですが家にあった蛇腹のファイルを使い保管することにしました。1年生~6年生、中学、高校ととりあえず項目を作りましたが先のことは正直わからない事もあるのでザックリと・・・。それこそ紙でもらってこないかもしれませんよね!!

あゆみ(通知表)は学年で分けて保管
あゆみ(通知表)は学年で分けて保管

インデックスがない蛇腹ファイルだったので後で見返すとき分かるようラベリング
インデックスがない蛇腹ファイルだったので後で見返すとき分かるようラベリング

健康観察カードなど、保管してくださいと学校から言われているものも同じファイルで管理することにしました。大事なものは紛れないように・・・を意識した管理です。

新学期まで保管しておくモノについて

最後に一時的に家で保管しておくものについてです。

防災頭巾、絵具セット、算数セット、ピアニカなど一時的に保管しておくモノは中身を見直しお手入れをして保管しています。

お道具箱は中身を確認し補充をして終わり
お道具箱は中身を確認し補充をして終わり

ピアニカは中身を忘れず確認、洗濯するもの、洗うものを出す
ピアニカは中身を忘れず確認、洗濯するもの、洗うものを出す

細かいモノは収納ボックスにまとめて紛失防止
細かいモノは収納ボックスにまとめて紛失防止

それぞれ確認したものは1ヶ所にまとめています。

我が家の場合押し入れの一部を一時保管場所にしていますが、わざわざスペースを作る必要がある訳ではなく、まとめて管理できる状態であれば大丈夫です。

新学期に慌てて探すこともなくまりますよね。

一時保管のモノはまとめて収納
一時保管のモノはまとめて収納

いかがでしたか、少しでも参考になるところがあれば幸いです。

ためてしまうとドンドン面倒になり、作業するのも大変になってしまいます。

当たり前のことかもしれませんが、なかなか出来ないという場合も多いですよね、少しでも背中をおせたら・・・と思い記事を書いてみました。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ライフスタイルアップコーディネーター/整理収納アドバイザー

今の暮らしに「ちょうどいい」をテーマに等身大のライフスタイルを発信。家族みんなが心地いいと思える整理収納術を推奨しています。買い物で好きで自宅のモノは多め。自分の得意・不得意を知ったうえでいかにすっきり生活できるのかを日々研究しながら、続けられる片づけ方法やその大切さをお伝えしています。個人宅のお片づけサービス、商品企画、監修他、メディア掲載多数。

上田麻希子の最近の記事