Yahoo!ニュース

【UFOキャッチャー】景品を見て“ビックリ”した理由…!

中山少年エッセイ作家

UFOキャッチャーの景品を見て驚いた理由…!

以前、UFOキャッチャーをプレイしようとした時のこと。景品を見てビックリしました。

なぜなら、景品が全部“ホンモノの玉ねぎ”だったのです…!

このUFOキャッチャーがあるのは、淡路島最南端の丘の上にある【うずの丘大鳴門橋記念館】施設内にある“たまねぎキャッチャー”として人気のUFOキャッチャーで、

玉ねぎを見事獲得すると、1個につき『潮風玉ねぎ1,5キログラム』と交換してくれるという玉ねぎ愛に溢れたこのサービス!見事玉ねぎを獲得できたら、受付のおじさんが鐘を鳴らしに来てくれるので、注目を浴びて人気者になれちゃいますね!(獲得キロ数は時期によって変動するそうです!)残念ながら獲得できなかったのが心残りです、

プレイ料金は1回100円で6回で500円と、ゲームセンターでよく見かける一般的なUFOキャッチャーと同じ。稼働時間は9:00~17:00(混雑時は時間短縮の場合有)」そして施設が火曜日に定休日との事です。

そんな淡路島の特産品でもある玉ねぎを大切にするこの施設。記念館の裏には、絶景をバックに巨大な玉ねぎのオブジェ『おっ玉葱』が人気スポットとして存在感を示していたり、(高さ2.8m、直径2.5mのサイズには驚き!)

閉校になった島内の小学校の思い出ピアノが『玉ねぎ模様のストリートピアノ』に生まれ変わって展示されているのも見応えがありました!

四国といえば「うず潮」を連想する人も多いのではないでしょうか?そんな渦潮について深く学べる「うずしお科学館」船に乗らず、橋も渡らずに、すぐ目の前でうず潮(っぽいもの)が見れちゃう科学館が、大鳴門橋記念館のあるんです!(ただ渦潮を見るよりも、うずしお科学館で深く学んでから実物を見たほうが、より楽しめると人気のようです。)

他にも『絶景レストラン うずの丘、あわじ島バーガー・淡路島オニオンキッチンうずの丘店』もこちらにあるので、記念館とはいえ食事もお土産も楽しめる充実した施設を気になった方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

エッセイ作家

日常の漫画を描いてる中山少年です。インスタグラムのフォロワー10万人! 「心の洗浄機」「心へのほっこり電子レンジ」とも呼ばれる作品であなたに癒しをお届け致します(^^)

中山少年の最近の記事