オーサーコメント 有識者・専門家がニュースに切り込む

    • みわよしこ

      Yahoo!ニュース オーサー フリーランスライター(科学・技術・社会保障・福祉・高等教育) 報告

      >「申請して働いても、その分支給が減らされるからバカらしい」

      福祉事務所の担当者は、どう説明したのでしょうか?

      生活保護費以外の収入は原則、申告が必要です。申告すると「収入認定」(≒召し上げ)される場合とされない場合があります。申告しないと、原則、所得隠しとして不正受給扱いです。
      就労収入の場合は、月15000円までは収入認定されず「働いたらトク」。その月の就労収入が23000円で、交通費など既に払った経費が8000円なら、その23000円は手元に残せます。
      しかし多く稼ぐと収入認定分が増え、手元に残るのは最大で約34000円(単身者の場合)。経費の精算が事後のため、担当者によっては結果として持ち出しになる場合も。
      総合して、就労促進的とも就労阻害的とも言えます。

      この二面性は生活保護に限らず、適用に上限を設けた制度の宿命です。
      意識しつつ「よりマシ」の模索を続けるしかないでしょう。

    • 児玉克哉

      Yahoo!ニュース オーサー SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長 報告

      ますます自民党が元祖保守政党、小池新党が新型保守政党となる形が明確になってきている。保守二大政党の時代が訪れる可能性が高くなった。小池新党が、民進党の離党議員を中心として構成され「第二民進党」となる懸念が伝えられていたが、自民党の福田峰之内閣府副大臣が自民を離党し小池新党に合流し日本のこころの中山代表も合流することから、そのイメージは変わる。小池新党には勢いがつき、さらに無所属議員や民進党離党議員が加わる可能性がある。衆議院解散が「予想」されている9月28日までの数日に五月雨式に合流のニュースが流れることが考えられる。新党設立までには10名を超える国会議員が合流する可能性がある。週末に支援者と調整をした議員も少なからずいる。小池新党の小選挙区での擁立候補者数は100名を超え、比例での当選も合わせると自民党に次ぐ第二勢力になることが予想される。民進党は二大政党の一角の地位を転げ落ちる危機だ。

    • 児玉克哉

      Yahoo!ニュース オーサー SSI大学(インド)教授/国際平和イノベーション研究所長 報告

      福田峰之氏は内閣府副大臣だ。しかも任命を受けたばかりだ。このタイミングでの離党は驚きであるし、自民党や支援者からの批判と戸惑いは大きいだろう。確かに、過去の衆院選挙では江田憲司氏に小選挙区で敗れているが、比例で3度、当選している。前々回と前回の結果をみると、差は縮まっており、今回の選挙では小選挙区での勝利も十分に考えられる状況だ。除名覚悟の離党だ。小池・若狭新党にとっては民進党からの離党者が多くなり、民進党離党者の会と揶揄されていただけに、自民党を離党しての参加は大きなプラスだ。しかも現職の副大臣。自民党にとってはやはり打撃になる。これから数日で、まだ数名の離党者がでてきそうだ。週明けが注目される。

    • JSF

      Yahoo!ニュース オーサー 軍事ブロガー 報告

      ヨーロッパで行われている核シェアリングは自由落下型の核爆弾であり、射程の長い戦略核兵器をシェアするような真似はしていません。核シェアリングでSLBMを使わせて貰えるということは全く考えられないでしょう。核シェアリングの本質は「自国の領土で自国が核を使い敵を殲滅する」という、自国を自らの手を汚す行為であり(同盟国に任せない)、決して「敵国の首都を焼き払う」といった核抑止力を与えられるものではありません。

    • 安積明子

      Yahoo!ニュース オーサー 政治ジャーナリスト 報告

      麻生派所属で当選3回の福田氏の地元は神奈川8区。しかし小選挙区で勝ったことはない。得票数は江田憲司氏のだいたい半分。次の選挙もきついです。
      だから新党に移籍なんでしょうけど、若狭氏と会見時点で麻生太郎氏にはまだ話していないとか。自民党離党も明日25日のようです。
      けじめがついていない、不義理との批判は承知の上のようで、次期衆院選では神奈川8区以外で出馬のようです。おそらくは都内の選挙区で落下傘候補になるのでしょう。
      新党も、いくらめぼしい候補がいないから(ということは、“小池新党”といっても求心力はない?)といって、そういうのを候補にしていいのでしょうか?

      改めて政治家の倫理観を問いたい。

    • 安積明子

      Yahoo!ニュース オーサー 政治ジャーナリスト 報告

      党を離れた者に対し、離党と除籍に処分が分かれたが、これには客観的で明確な基準がない。民進党は結局、離党した細野豪志氏とくっついている除籍者とも一緒にやるつもりなのか。ならばなぜ除籍としたのか。
      「刺客を立てる」と言いながら、選挙の後に連携するなら有権者は理解できない。温度差があるのは、民進党内部だけではない。もっとも大きな温度差は、民進党と有権者の間にある。

    • 碓井真史

      Yahoo!ニュース オーサー 新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー 報告

      読み聞かせは、字が読めない子供に大人が読んであげるという意味だけではない。学校でも、教師、司書、ボランティアによる読み聞かせ活動が行われており、子供達にも好評だ。親も、「読んで」と言ってくる子供達にぜひ読んであげよう。

      読み聞かせは、子供の感情を豊かにし、人間関係の基本となる共感性を高め、好奇心や言語能力を育てていく。

      親の中には自分は下手だからと言って消極的になったり、アプリやビデオを使おうという人もいる。しかし、親が俳優のようになる必要はない。親による読み聞かせは、一方的ではない相互交流であることが大切であり、また親との時間の共有であることに意味がある。

      さらに、親による読み聞かせは、親自身の精神的安定など良い影響があることも研究されている。親自身が、物語世界や日本語の美しさに気づくこともある。

      幼児にも小学生にも、読み聞かせをしよう。子供に向かって、声に出して本を読もう。

    • 安積明子

      Yahoo!ニュース オーサー 政治ジャーナリスト 報告

      半島有事が発生した場合、国内で混乱が起こることは想定するのが為政者の義務。「(単なる難民ではなく)武装難民が来たら」という前提では、かなり厳しい対応を準備すべきです。
      実際に北朝鮮は、過去に青瓦台襲撃未遂事件やラングーン事件など、テロ活動を起こしています。日本国内で何もないと、誰が保障できるでしょうか。

      麻生大臣はちょっと言葉が足りないところもありますが、意図としては正当だと思います。危機感がない政治家ほど、怖いものはありません。

    • 碓井真史

      Yahoo!ニュース オーサー 新潟青陵大学大学院教授(社会心理学)/スクールカウンセラー 報告

      人は、自分の心と合う情報に飛びく。株が上がると思う人は、株価上昇の予想記事を求める。社会不安が高まって時には、人類滅亡といった話題がウケる(認知的不協和)。

      ネットでは、特に同じ価値観を持つ同質性の高い人々の間で情報が共有される。様々な陰謀論や人類滅亡などの話題は、彼らの中で広がっていく。自分が語っている場で、多くの人も同じようなことを語る。この打てば響くような環境(エコーチェンバー:共鳴室)で、人々のゆがんだ考えは強められる。

      人は、いったん何かを信じれば、その考えを確かにする情報ばかりを集め、またその説を肯定するように解釈し、確信が強まる(確証バイアス)。

      こうしてネット上の発言、情報が増えると、最初は関心のなかった人まで信じはめる人が出てくる。

      科学の話は時に退屈だし、黙示録の解釈は多義的で諸説ある。人は自分が正しいと思うものだが、ときには自分自身の信念を疑うことも必要だ。

オーサーコメントをシェアする