オーサーコメント 有識者・専門家がニュースに切り込む

    • 園田寿

      Yahoo!ニュース オーサー 甲南大学法科大学院教授、弁護士 報告

      戦争というものは、明日すぐに始めましょうというわけには行かない。戦争をするには、何もない平和なときから、軍艦・戦闘機・戦車・ミサイル・銃器・爆弾などの戦争の道具を調達し、日常的にメンテナンスを繰り返し、いざそれらを使う段になればすぐに使えるようにしておかなければならない。また、内外に対する諜報活動も怠ってはならない。兵士も、平時から訓練に訓練を重ねて、激しい戦闘にも耐えて、いつでも命令があれば敵兵を殺すことができるようにしておかなければならない。当然、それらには莫大な金と手間がかかるし、何よりも、平時からのそのような日頃の準備・訓練を可能とするような(強固な)法制度、戦前の陸海軍刑法や軍法会議などの法体系を構築しておく必要がある。戦争、戦争という人は、そのようなことを当然考えてのことだろうと思う。北方領土を戦争で取り返せという人も、当然そのようなことを考えてのことだろう。

    • 園田寿

      Yahoo!ニュース オーサー 甲南大学法科大学院教授、弁護士 報告

      児童買春・児童ポルノ処罰法は、18歳未満の「児童」への買春行為を処罰しているが、子どもの性虐待そのものを処罰するという構造にはなっていない。児童ポルノについては、一般人の性的感覚を刺激するかどうかが基準になっており、小児性欲者の異常性欲に焦点を合わすことが難しい。
       児童虐待防止法は、「保護者」がその監護する18歳未満の児童に対して、わいせつな行為を含む虐待行為を行うことを処罰している。
       児童福祉法や健全育成条例は、青少年の健全育成という観点から、性道徳から外れた「みだらな性的行為」の処罰を目的としている。
       刑法は、13歳未満の子どもに対しては暴行脅迫がなくとも強制性交は処罰できるが、強制わいせつの場合は、行為が「わいせつ」、つまり普通人の性的感覚を刺激・興奮させるものでなければならない。
       結局、日本では、さまざまな法律を駆使して記事にあるような児童に対する性犯罪に対処している。

    • 安積明子

      Yahoo!ニュース オーサー 政治ジャーナリスト 報告

      山尾議員がロサンゼルスに行ったのは、現地視察のためだそうです。ということは公務ということになりそうですが、それなら報告書などなんらかの成果物を出す必要があります。ところがこれについては不明です。立憲民主党も明らかにしていません。

      23日の立憲民主党幹事長会見では、山尾議員はなんらかのシンポジウムに参加したとのことですが、パネリストではなく聴衆としてだそうです。

      本当はいったい何のための訪米だったのか。民進党の役員をも務めたわけですから、会期中の外遊には届出が必要ということは知っていたはず。きちんと説明していただきたいですね。そうでなければ、立憲民主党の政府与党への追及も、説得力がありません。

    • 楊井人文

      Yahoo!ニュース オーサー 日本報道検証機構代表・FIJ事務局長・弁護士 報告

      この見出しはミスリーディングだと思います。実際は(日本企業が支払いに応じることは)「何の問題もない」と言っただけのようです。見出しの「賠償に応じるべき」だという表現は、外務省が支払いを積極的に要求したかのような印象を与えますが、実際の発言とは異なります。このように日本のメディアは、読者の注意を惹きたいためか、しばしば「発言内容」と「発言の趣旨についての記者の主観的解釈」を混同して伝える傾向があり、要注意です。

      韓国通信社「聯合ニュース」日本版の記事でも、外務省報道官の発言は「日本企業が大法院の判決を履行する場合は何ら問題がないとみている」と引用(翻訳)されており、「賠償に応じるべき」という表現で報道されていません。

    • 安積明子

      Yahoo!ニュース オーサー 政治ジャーナリスト 報告

      外務省が外交交渉やそれに基づいた2国間条約を無視ですか。これで法と正義を遵守する国といえるのでしょうか。

      もっともこれは文政権になって以来、行政府から親日派を一掃した結果でしょう。大事なことは、2022年以降も行政府にこうした禍根が残りかねないことです。たとえ文大統領の任期が満了しようとも、その反日の影響が残るなら、日韓関係がよくなるはずがありません。

      文大統領は慰安婦問題と徴用工問題については、事実を認めるつもりはないようです。「我慢比べ」に日本が負けてはいけません。

    • 藤田孝典

      Yahoo!ニュース オーサー NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授 報告

      また深刻な虐待死事件が繰り返されてしまいました。
      誤解がないように述べておきたいのは、このような深刻な虐待事件を引き起こす職員は極めて少数だということです。大多数の介護職は低処遇のなかでも懸命に職務に当たっています。
      超高齢社会のなかで、介護現場は恒常的な人手不足に陥っており、職員の特性や適性を把握することなく、雇用されていたり、十分な研修がないまま、即戦力として職務についている事例が散見されています。
      十分な研修を受けていたとしても、職務上のストレスが大きく、入居者の様々な言動に不安を感じながら対応しなければなりません。
      最も有効な虐待防止策は、職員の給与水準や処遇を引き上げて、意欲がある職員を多く招き入れることでもあります。
      今のままであれば、今後も同様の事件は必ず起きます。自分や両親、親しい人が被害に遭うことも想定して、介護職の処遇を考えてほしいと思います。

    • 藤田孝典

      Yahoo!ニュース オーサー NPOほっとプラス代表理事 聖学院大学人間福祉学部客員准教授 報告

      専門とする社会福祉分野から彼の言動について危機感を持って見てきました。
      「人工透析患者は殺せ」などあまりにも人権意識に欠け、病気や障害を抱えながらも頑張って暮らしている人々に対する配慮がない発言が多すぎます。
      彼のようなあるカテゴライズされた人々への差別言動は、ヘイトクライムなど殺傷事件や人権侵害事件に容易に発展します。
      今年に入っても人工透析患者に対して、ガイドラインに反した医師が治療を中断する事例がありました。人の命を軽視する言動は社会に広がると取り返しがつかない事件を引き起こします。
      国会議員とは、多様な人々の生活や暮らしについて深く関与する仕事です。
      彼が希望したとしても、その職業選択に適性は一切感じられないので、別の選択肢を取るように、周囲や政党として促していただけたらと思います。

    • 佐藤昌司

      Yahoo!ニュース オーサー 店舗経営コンサルタント 報告

      ライフスタイルの変化で、繁華街を中心に平日のランチ時間帯は1人客が増えています。また、ファミレスではドリンクバーなどを注文してカフェのように利用するケースが増えています。1人用の席を増やすことで、来店しやすい環境を整えたい考えです。

      一方で、1人席を増やすだけでは家族連れの来店が増える休日などの効率が悪くなることがあるので、4月1日付日経MJによると、〈今回の改装では1人用の座席を移動させることで、3人客や4人客にも対応できるような工夫も施す〉といいます。

      実際にガストの1人用の席を利用してみましたが、落ち着いて飲食や作業ができました。良い取り組みだと思います。

    • 不破雷蔵

      Yahoo!ニュース オーサー 「グラフ化してみる」「さぐる」ジャーナブロガー 検証・解説者 報告

      先週5月17日も福井県で小学校の運動会の練習中に熱中症と思われる症状で29人が救急搬送される事案が発生しています。学校行事では体調不良の自覚症状でも、他人の足を引っ張る、全体の和を崩すのを嫌って無理をして黙り、気が付けば多くの人が同じような状態となり、一度に症状を訴えかけるようになります。

      2013年の話ですが 夏休み明けの熱中症搬送者比率、学生が高くなる不思議  news.yahoo.co.jp/byline/fuwaraizo/20130923-00028310/ でまとめた通り、この傾向は夏休み明けの9月、秋の運動会前に顕著に見られます。今年は厳しい暑さのためかこの時期から多発する動きがあります。

      子供に体調不良の場合はすぐに伝えるよう諭すのは勿論ですが、実際には難しいでしょう。それよりも、先生方が子供目線で気を配り、練習第一的な無理をさせないように心掛けてほしいものです。

    • 河治良幸

      Yahoo!ニュース オーサー スポーツジャーナリスト 報告

      予想通りなところと意外なところと。明日発表されるコパ・アメリカとの兼ね合いがどうかで今回の選考の受け取り方も変わってきます。1つ注目はダブルの選出があるかどうかで、久保建英や大迫敬介も含めて両方に参加する選手がいるのか。かなり話し合ってU-20、トゥーロン、キリン、コパの振り分けをしているようなので、その中でも二人が正規のA代表に入ったことは素晴らしいですし、ただ、これがどういう経験になって行くかは今後を見ていかないと言い切れない部分はあります。2日続けての発表になるので、また総合的に評価したいと思います。

オーサーコメントをシェアする