「シッター1時間150円?」東京都の助成制度は、課税額も理解した上での利用検討を

(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

東京都は、待機児童対策の一環として、2018年12月より「東京都ベビーシッター利用支援事業(ベビーシッター事業者連携型)」を実施しています。

待機児童の保護者または育児休業を1年間取得した後復職する保護者を対象に、お子さんが保育所等に入所できるようになるまでの間、東京都が認定したベビーシッター事業者を利用する場合の利用料の一部を助成する事業です。

同事業について、2020年度4月からの利用案内が2月10日に東京都から発表されましたが、シッター利用1時間あたりの保護者の負担額が250円から150円に変更されたことに際して、認定事業者のひとつである株式会社キッズラインから以下のようなリリースとツイートが出されました。

【速報】東京都が待機児童のベビーシッター代を1時間150円に値下げ

1時間あたりの自己負担額値下げ自体は事実なのですが、少ない自己負担の背後にある税制上の仕組みについて説明していないのではないかと、SNSでは同社に対して批判の声が上がりました。

この助成事業は、利用者の自己負担を少なくしつつ、本来の金額との差額分を東京都及び市区町村がベビーシッター事業者に対して公費負担で支払う、という仕組みなのですが、この肩代わりしてもらった差額分は、所属税法上、利用者の「雑所得」となります。そのため、助成された分、利用者の「年収が上がった」ことになり、確定申告の際にも課税対象となります。

東京都が「モデルケース税額表」を公開していますが、たとえば、給与収入(年収)額500万円の世帯が、月平均160時間(フルタイム共働きで、8時間×月営業日20日毎日利用するイメージ)利用した場合は、課税額が一ヶ月あたり7万3,200円、年間にして87万8,400円となります。

あくまでモデルケースですし、個々人の利用時間・利用方法はさまざまですが、少なくない金額が確定申告後に一括支払いを求められる可能性があることについて、利用者は理解・納得した上で同制度の利用検討ができるよう、サービス提供事業者は適切な情報提供やコミュニケーションをする必要があると思います。

※2020年2月13日17:30追記: 実際の計算にあたっては、扶養に入っているか否か、誰が実際に便宜を受けたのかなどが総合的に及び個別に判断されるとのことで、「世帯収入」での計算になるとは限らない可能性があるとの情報もいただきました。

キッズラインは2月12日に、10日の速報に関するお詫びのリリースやツイートを出しています。

2月10日のニュースリリースに関するお詫び

また、私も同日日中、キッズラインの問い合わせフォームに以下2点の質問を送りました。

1. 助成事業利用に際する所得課税について、経沢代表やキッズライン公式アカウント等での情報発信予定の有無

2. 3月の利用説明会で予定されている情報伝達内容や方法(制度利用に際する雑所得計上と課税、その額の大まかなモデルケースの提示など)

広報担当の方から上記リリースと同様にご回答いただきましたので紹介します。

>1. 助成事業利用に際する所得課税について、経沢代表やキッズライン公式アカウント等での情報発信予定の有無

本日17:49に、お詫びのプレスリリースを配信いたしました。

https://kidsline.me/contents/news_detail/518

上記内容に添い、キッズライン公式アカウントおよび、代表のTwitterでも誤解を招きましたことのお詫びの旨発信させていただきました。

>2. 3月の利用説明会で予定されている情報伝達内容や方法

(制度利用に際する雑所得計上と課税、その額の大まかなモデルケースの提示など)

本事業に関する、雑所得としての課税及び確定申告の必要性につきましては、これまでも弊社関連ページ内で記載の上、ご利用を検討されるすべての親御様へ説明会(オンラインを含む)でご案内をさせていただいた上で、ご理解いただいた方のみ契約をさせていただいておりましたが、3月の利用説明会でもその点を徹底してまいります。

具体的には、東京都の提示したモデルケースのご案内のほか、ご家庭の扶養によっても金額が異なってくるため、詳細については税務署等にご確認いただくようお願いする旨の案内を実施する予定です。

その他、今回頂戴したお声を参考に、より利用者様にとってわかりやすいご案内に改善してまいります。

日本の子育て環境を改善し、ベビーシッター文化を日本に広めることを社是としている立場として、不十分な情報提供を行ったことを反省し、このような事態が起きることがないよう、今後もご利用者さまに安心して快適にご利用いただけるサービス作り及び情報発信に誠心誠意取り組んでまいります。

不明点などございましたら、ご連絡いただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

働きながら子どもを育てる保護者にとって、子どもを預けられる選択肢が増えるのはありがたいことです。認可保育園に入れなかった場合、認可外保育園等に通わせるのか、保護者のどちらかが働かずに家で子どもを見ることにするのか、ベビーシッター利用支援事業を利用するのかetc.さまざまなオプションを検討することになります。

その際、子ども自身の体験、サービスの利便性、時間や金銭面でのコスト、そして自分たちの価値観や優先順位など、いろいろな要素が絡んできますから、何が良い選択とするかは、家庭によってさまざまでしょう。だからこそ、金銭負担を含め、サービス利用に関する重要な情報は適切に入手・理解したいものです。

東京都のベビーシッター利用支援事業も、課税負担も含めて、メリット・デメリットを利用者が理解・納得できれば、あとは個々人の選択でしかないと思います。

今回のキッズラインの初期リリースに対して批判の声が上がったのは、消費者が理解と納得をして「選べる」ための情報の提示の仕方とコミュニケーションを行わず、自社事業やブランディングに有利な方向へと歪める向きはなかったかという、サービス提供者としての倫理が問われたのだと感じました。

(リリース文中には、公費負担額の課税についての記載は当初からありましたし、上記の問い合わせ返答の通り、利用前の説明会では丁寧に説明を行ってきているようですが、利用者が一番最初に目にする記事タイトル・サムネイル・ツイート文は「1時間150円」を全面に強調しており、情報の見せ方には些か問題があったと思います)

大元の待機児童問題に対しては、さまざまな政策的オプションがありますし、ベビーシッター利用支援事業はその一つに過ぎません。今後も政策的議論は続けられるでしょうし、私たちも関心を持っていく必要があると思います。(ベビーシッター利用支援事業に関していうと、助成分を非課税にするべきという提言もなされているようです。参議院議員の音喜多駿氏のブログより)

私自身も、2歳の娘を育てる一児の父であり、娘は平日日中、認可外保育園にお世話になりながら夫婦で共働きしています。保育園が休みの日や土日に二人の仕事が重なったとき、娘が風邪をひいたが病児保育に空きがなかったときなど、キッズラインのシッターマッチングサービスには何度も助けられてきました。

同助成事業も含め、子育て世帯の方々が、サービスを正しく理解して利用できるよう、各事業者の方々は、ぜひ丁寧なコミュニケーションを行っていただければ幸いです。