突然ですが、問題です。

下線部の表記が正しいものを答えよ(正解は本文最後に)。

出典 韓国大学教育過程評価院 2019年 既出問題より
出典 韓国大学教育過程評価院 2019年 既出問題より

韓国の大学入試で行われる「日本語」の問題のひとつだ。この問題は2019年の2問目で出され、配点は1点。序盤の簡単な問題という位置づけだ。

日本のニュースでもちらっと報じられるのではないか?

11月18日は韓国の大学受験の日だ。

「大學修學能力試驗」

韓国では一般的に”修能(スヌン)”と呼ばれる。

1993年よりアメリカのシステムを倣うかたちではじまった。私立大学も含め、多くの大学が参加。年明け以降の各大学の2次試験へと続く。

2019年 コロナ時代前までは「受験会場前で後輩が応援」も風物詩だった
2019年 コロナ時代前までは「受験会場前で後輩が応援」も風物詩だった

この”修能(スヌン)”に日本語の試験もある。

選択科目として一日の最後に行われるのだ。

午前8時10分までに入室完了

1.国語

2.数学

 昼食

3.英語

4.韓国史 および 社会/化学/職業探求

5.第2外国語 / 漢文 17 : 00 ~ 17 : 40 (40分) 30問

学生たちは英語以外に必ず、第2外国語もしくは漢文を受験しなければならないのだ。

選択可能な言語は下記の通り。

ドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語、日本語、ロシア語、アラビア語、ベトナム語、漢文から1科目を選択。

なぜこの科目が実施されるのかというと「高校の授業に第2外国語があるから」。

日本による統治終了後、韓国内の教育カリキュラムを定めるにあたりドイツ語、フランス語、中国語、ロシア語が第2外国語に定められた。このうち、ソ連との関係悪化からロシアが除外され、1969年にスペイン語が追加された。

そして1973年に日本語が追加される。筆者は1997年にソウルに留学したが、その際にも周囲には「私、ひらがな、カタカナ程度なら読めます。第2外国語でやったので」という韓国人学生が非常に多かった。

これが大学入試で採用されたのは2001年からだ。

このなかでの「日本語人気」は…

2001年~09年はでは選択者数がダントツの1位だった。

しかし…近年は別の言語に押されてきた。「アラビア語」や「ベトナム語」。理由はごくシンプル。「簡単だから」。あまりにも簡単なため「アラビア語ロト」という言葉までも生まれたほど。選択した学生は宝くじに当たったようもの、という意味だ。

では、実際に「大學修學能力試驗」の第2外国語科目・日本語ではどんな問題が出されているのか。

試験問題は主催者(教育省から権限を委任された大学教育過程評価院)側により公開されている。

「過去問」のうち、2016年と19年の問題から”面白そうなもの”、(引用の範疇を考慮し)あと2問だけをチョイス。

意外と難しい? ぜひともトライを。

【対話の内容から分かることは?】

出典 韓国大学教育過程評価院 2016年 既出問題より
出典 韓国大学教育過程評価院 2016年 既出問題より

同上
同上

【文章の内容と一致するものは?】

出典 韓国大学教育過程評価院 2019年 既出問題より
出典 韓国大学教育過程評価院 2019年 既出問題より

同上
同上

こういったレベルの問題を、韓国の受験生たちはきょう(18日)17時から解いていく。

正解:1問目=⑤/2問目=④/3問目=②