「愛の不時着」ダン役の女優ソ・ジヘ 韓国人気番組で素顔を大公開 「ビールマニア」などギャップが話題に

自宅でゲームに没頭する姿も披露。「難易度は普通よ!」/CultureDepot

韓流ドラマ「愛の不時着」のソ・ダン役として知られる女優ソ・ジヘ(36)が韓国の人気番組でプライベートを公開し、大きな話題になっている。

毎週金曜日の地上波MBCのバラエティ「私、ひとりで暮らしています(ナ ホンジャ サンダ)」の23日放送分に出演。「ビールマニア」などの顔を見せたのだ。

  • 番組公式アカウント

母親からの「一度は外で暮らしてみたら」との助言もあり、一人暮らしを初めたというソ・ジヘ。

同時に漠然と「早ければ3年から5年で結婚する」と宣言したというが、実際には一人暮らしが7年目に突入している。その部屋はモノが少なく、シンプルな印象を与えた。「必要なものだけ置く。ミニマムライフです」。

「とある一日を紹介する」という構成のなか、彼女が朝起きてまずやることは、体重計に乗ることだった。

撮影日は「体がむくんでいて少し体重が増えました」。

むくみやすい体質のためネット上で「手術をしたのではないか?」と疑われて以降、特に気をつけているという。

「むくみのために最大で2キロ体重が増えることもあるんです」

ソ・ジヘのむくみとの戦いは壮絶なようで、一日血液の循環を調べ、半身浴も欠かさない。その際、動物の写真を観ながら時間を過ごす様子も紹介された。

番組公式アカウントより

番組では、繊細と思いきや豪快な姿も見せた。

なかでも韓国で話題となっているのは、「ビールマニア」としての姿。

近所に住む友人と朝食を買いに散歩に出た際、コンビニを3店舗ハシゴ。自身の好むビールを発見して大喜びする姿が映し出された。

「私にとっての小さくとも確かな幸せはビールです。かなり好きで、4~5本飲んでしまいます。それも小さな缶ではなく、大きな缶で」

番組出演後、彼女がお気に入りとした「コムピョ ミルメクチュ(熊印 小麦ビール)」はオンラインで大きな話題になった。アルコール度数4.5%、意外に軽い口当たりが人気だという。缶のデザインでクラシカルなロゴを大きく載せた点も話題となった。

「コムピョ」とは1952年設立で製粉業界第2位の「大韓製粉」傘下のブランド。「小麦ビール」とはいわゆる「クラフトビール」の銘柄の一つ。韓国語では「手製ビール」と表現され、「大企業のものではない」というニュアンスもある。

クラフトビールは韓国では2019年頃から人気となり、今夏からは「コンビニに並んでもすぐに売り切れる」というニュースが度々報じられている。

ソ・ジヘはこの他、家に遊びに来た親友と“食後の皿洗い”を賭けてTVゲームでのダンス対決に汗を流しながらも取り組む姿、ベルトを体にぐるぐる巻きにしてマットの上で転がるトレーニング姿などを披露した。

「私、ひとりで暮らしています」は世論調査会社「韓国ギャラップ調査研究所」が27日に発表した「好きなテレビ番組」のランキングで4位に入る人気番組。

「中央日報」はこの番組でのソ・ジヘ姿を「冷たい美女のイメージもある彼女が、堅苦しくない親しみのある日常を公開した」と記した。「近所のお姉さんのよう」とも。その姿、ギャップ萌えといったところか。放送枠のなかで「MAMAMOO」のファサも特集された回の視聴率は9.5%。各メディアは「視聴率大幅アップ」と報じた。