【コラム】6月”南北ビラ合戦”の舞台は、あのドラマにも登場の「非武装地帯」。天候が大きなポイントに!

韓国側から望む北朝鮮領。両国間の距離が最短700mの距離の場所も存在する。(写真:ロイター/アフロ)

風に乗って、南北国境を越えるのかどうか――。

まるで流行りの韓流ドラマ”愛の不時着”のような話が、現実世界での6月の朝鮮半島事情を揺るがせた。

「体制批判のビラ」

これを韓国・北朝鮮双方が国境近くから、ガス入りの風船ととも飛ばし、相手領土に届かせるという話だ。

古典的な対北宣伝活動だ。韓国では2000年代を最後に公的機関がこれを行うことを中止した。南北双方が取り決めを行ったのだ。しかし近年は韓国の脱北者団体が北朝鮮に向けて撒いてきた。その際には、メッセージだけではなく歯磨き粉、下着、風邪薬、文房具、おにぎり、ラジオなど「ひとパック6万2000ウォン(約6200円)」の袋が打ち上げられたりもした。北朝鮮の体制を批判する内容を添えて。

「核に狂った野郎 金正恩をぶん殴れ 人民は餓死するのに核ロケット、化学兵器、政治犯収容所とは何事だ? 金正恩世襲独裁を終わらせろ!」

13日に北朝鮮朝鮮労働党中央委員会第1副部長であり、”金正恩の妹”でもある金与正氏がこれに激怒する談話を発表。16日に国境近くの開城にある南北連絡事務所(2018年の南北首脳会談時を契機に韓国の資金で北の領土内に作られた施設)を爆破した。「3日で実行」の点が「何かこれまでとは違うかも」と韓国側を戦慄させたのだ。

【全文】韓国大統領官邸が”金与正の毒舌談話”に異例の批判。「趣旨をまったく理解せず、非常識」

そうこうしている間に、北側も21日に韓国に向け批判ビラを撒くことを発表。それも「1200万枚を印刷した」と発表したのだ。

大人気のドラマ「愛の不時着」の現場も出てくる話だ。ヒロインが迷い込んだ南北国境地帯の天候状況を読む駆け引きが、現実に行われている。この機会にぜひ、「南北国境事情」を。歴史や天候の話を中心に。

22日、23日が高気圧で風弱く。「25日にあるか」と読んだ。

じつのところ、6月末現在では北側から韓国に届いたというニュースはない。

状況を韓国メディアはこう報じてきた。

「北韓 対南ビラ いつ撒くか? 風向きだけを考えたら25日有力」(韓国日報/23日)

(北側が労働党機関紙「労働新聞」で)風船について直接言及したように、風に乗せて南に送信する方法が有力だ。しかし(韓国)気象庁によると、(23日)現在、京畿道と黄海道の上空には北東に向かう南西風が吹いており、北朝鮮としては風船を飛ばすには難しい状況だ。北からビラを大型風船に括り付けて飛ばす方法が予想されるが、このためには北から南へ吹く北風や北西風が吹かなければならない。気象庁の関係者は「22、23日は高気圧の影響で風の強さ自体が弱く北風が韓国側に吹くのは難しいだろう」と話している。

南北間を越えるためには最低でも700mの飛距離が必要だ。仮に北側の国境付近で最も人口の多い開城特別市から、韓国側の国境の街・坡州市に飛ばしたければ、12km~20kmほどとなる。

朝鮮半島国境近くには地理的な関係上、偏西風が吹いており、これを乗り越えなければならない。冬の間はシベリア気団の影響でそれが強くなるという。

出典google map
出典google map
同上
同上
同上。赤が北朝鮮の開城(ケソン)、青が韓国の坡州(パジュ)。筆者により一部編集
同上。赤が北朝鮮の開城(ケソン)、青が韓国の坡州(パジュ)。筆者により一部編集

まず乗り越えるべきは、両国間の国境周辺にある非武装地帯だ。1953年に結ばれた韓国戦争の休戦協定の際に、国境線からお互い2キロずつの緩衝帯を設けることが決められたのだ。

非武装地帯はそれぞれの領土内で有刺鉄線によって区切られ、内部は美しい自然の宝庫としても知られる。

しかし年々双方が領土を増やすために少しずつ有刺鉄線の位置を「前進」させた。その結果、2013年の時点で非武装地帯の総面積の43%が減少したという。南北の最短距離が700mという地点も生まれた。

北の気象関係者「我々も激怒しており、注意深く風を観察している」

しかし、韓国の他のメディアも予想した「25日」のビラ散布実行はなかった。

理由は「梅雨前線」。朝鮮半島にも梅雨があり、雨風が吹くと当然のごとく風船は飛ばない。このために作戦は実行されていない。「気候」はやはり大きな要素なのだ。

当然のごとく、”越えない”ビラも。

それは北朝鮮側でも認識されている。日刊の政府機関紙「民主朝鮮」は21日に「憎たらしい面にビラの集中豪雨を」というタイトルの記事を掲載した。

南側へのビラ散布と関連して、全国の大学生・青少年たちから気象水文局(気象庁)への電話での問い合わせが相次いでいるという。これに際し、同紙の記者がソン・チョルマン気象水文局副局長に会って話を聞いた内容が報じられた。

「民主朝鮮」の該当記事。公式サイトよりキャプチャ。
「民主朝鮮」の該当記事。公式サイトよりキャプチャ。

記者:最近、気象水文局に対し、全国各地から北南接見地帯での対敵ビラ散布に有利な風の方向に関して問い合わせの電話が相次いでいると言いますが、それについて知りたくて訪ねてきました。

副局長:そうです。電話が多くかかってきます。

(中略)

記者:電話の内容はどういったものですか?

副局長:すでに(他でも)話をした通り、どの場所がビラ散布闘争を繰り広げるにあたり一番適切な場所なのか。灰になった北南共同連絡事務所の場所からビラを飛ばしたら、青瓦台(韓国大統領官邸)まで飛ばせるのか。北南接見地帯の気象予報を随時知るためにはどうすればいいのか、など多くの問い合わせがあります。

記者:気象水文局では人民たちの対敵ビラ散布闘争に有利な気象予報を知らせるためにどんな努力をしているのか。

副局長:我々の局員たちと予報員、研究師(ママ)たちも初歩的な同義さえも失った南朝鮮の者たちに懲罰のビラをすかっと飛ばしたい心情です(中略)。北南接見地帯の地形と自然を全般的に分析し、風邪の方向を随時観察しています。

文中では北側が準備したビラは「出版局で印刷された」点も紹介された。

国境近くでの竜巻発生は2014年に一度のみ

ちなみに、南側の南北国境地帯近くで竜巻のような大きな風が巻き起こる機会はごくまれだ。

2014年6月12日、ソウルから北上した高陽市で発生し、ビニールハウスなどが散乱した。1985年以来8度めの発生で、これまでは南東の海上での発生がほとんど。ソウルの内陸部で起きたのは初めてだったという。

2014年の竜巻を報じる記事。KBS日本語版。

ただし、そこまで強い強風だと「ビラ風船飛ばし」には良い条件ではなさそうだ。

韓国側から飛ばす場合、秒速10メートルの北風だと4時間で平壌に着くという。先に書いたとおり、上空には偏西風が吹いているため理屈通りに飛ぶこととは稀だ。

それゆえ、市民団体は時に船で黄海(つまり韓国本土から西にある海)上に向かい風船を飛ばしてきたという。時に大連近くまで行くこともあったという。

出典google map。筆者により一部編集
出典google map。筆者により一部編集

過激な北の主張のなかの「ファクト」とは? 

今回の「ビラ合戦」の事態に対して韓国側では「古いやり方にまた戻るのか?」という意見が出ている。韓国ではビラのことを日本語由来の「チラシ」と言ったりもするが、これは完全に古い響きだ。

KBSがかつてのビラ合戦の様子を報じた。

北朝鮮側とすれば、「最高尊厳(つまり金正恩委員長)を誹謗した」という点が激怒に達した理由だ。同じように韓国側にも文在寅大統領を誹謗するビラを準備しているが、その内容はじつのところ「なんともない」という意見を聞く。

本稿執筆に際し、SNS上の韓国の友人に意見を募ってみたが「悪口とも思わない」「CD-ROMも添付するようだけど、韓国の近頃のノートパソコンでは読み取れないから」という意見があった。南側では、どんな役職であれ、政治家は批判対象になりうるという社会体制の違いがあるのは言うまでもない。

それでも韓国側では連日関連ニュースが報じられている。また警察側の監視の目を盗み、22日の深夜に再び”風船打ち上げ”を行った脱北者団体代表の言動が物議を醸している。「監視が強いので外部の人に頼み、深夜に飛ばした」というのだ。団体は、会計の不正などで取締の対象となり、登録の取り消しも囁かれている。また「ビラ飛ばし禁止法」の制定を巡って、左右の市民団体が対立の様相を見せている。

注目度が高い理由は、北の主張のなかに韓国側も無視できないファクトがあるからだ。過激な爆破や談話の内容が目立ちやすいが、じつは怒りの原点である「南北合意に反する」という点は事実。2018年4月27日の南北首脳会談時に発表された「板門店宣言」には「軍事的緊張状態の緩和ならびに戦争の危険の実質的解消」の一項目としてこの点が明示されている。

重大な事態に繋がることはあるだろうか。気候が何かのスイッチを押すことになるのか。要注目だ。

関連記事:【全文】金与正は対南激怒談話で何を語ったのか。「裏切り者、ゴミどもが犯した罪の大きさに気づかせる」

【全文】「駄犬の悪さの責任は主人が負え」。”激辛”金与正談話はまだ他にもあった。次の”標的”も暗示?

【全文】爆破から異例の”南北声明対決”へ。文在寅「対話で信頼を」vs 金与正「胃がムカムカ」