【全文】爆破から異例の”南北声明対決”へ。文在寅「対話で信頼を」vs 金与正「胃がムカムカ」

2018年の南北首脳会談時には、場を共にした両者だったが……。(写真:代表撮影/Pyeongyang Press Corps/Lee Jae-Won/アフロ)

今月の朝鮮半島情勢は「声明・談話」に注目だ。

6月16日の「南北連絡事務所爆破」は13日の「金与正談話」に始まったのはよく知られるところ。いっぽう、前後にも両国からの声明・談話を巡って対立が起きている。

1.6月15日 文在寅大統領の「6.15南北共同宣言(2000年)20周年記念映像メッセージ」

【16日に南北連絡事務所爆破】

2.6月17日 金与正氏による談話「恥知らずな戯言を聞くにおぞましい」

3.6月17日 ユン・ドハン韓国大統領秘書室「6.17発表 北側談話関連青瓦台発表」。遺憾を表現。

17日、ついに韓国側が声明を通じ、北を批判したのだ。

2017年の文在寅政権発足後、対北対話路線を継続してきたなかでの批判だった。そこに至る2つの声明を並べてみる。南1800字、北4500字。長い。少々の流れの説明を加えつつ、紹介する。関連ニュースをより深く理解いただくためにも、全文の紹介を。二人は何を言っているのか。

文在寅大統領6.15南北共同宣言20周年記念ビデオメッセージ「南北の信頼が重要」

文在寅大統領は2000年の史上初の南北首脳会談時に関係者が使用したネクタイを結び、撮影に臨んだ。

(筆者はこれまで、北朝鮮側の「南朝鮮」といった表現もそのまま訳してきました。韓国側による北韓=北朝鮮、韓半島=朝鮮半島といった表現もより現地語のニュアンスを表現するため、そのまま記します)

国民の皆様、内外の貴賓の皆様。6.15南北共同宣言20周年を迎え、この意義深い場にご一緒いただきありがとうございます。

今日の歴史的な宣言を記念する嬉しい場では、その宣言の偉大な成果を振り返り、平和な韓半島に向かい、私たちがどのように前進したのかを話さねばならないのに、最近の状況によりそうはできず、残念で、恐縮です。

最近、北韓が一部の脱北者団体などの対北ビラ散布と韓国政府を非難し、意思疎通の窓口を閉じたことにより、国民の皆様がもしや南北間が対決局面に逆戻りするのではと心配しています。

一歩でも状況をよくするため、つねに薄氷を踏む思いで慎重に臨んできましたが、十分にやりきれなかった心情です。今、我々の状況が容易でないことを見るに、数多くの挫折と過酷な理念攻勢を乗り越え、ついぞ南北首脳会談を成功させた金大中大統領の知恵を再び思います。

2000年6月15日、韓国戦争(朝鮮戦争)勃発50年目にして初めて南北の指導者が向かい合って座することが出来たのは、両首脳が対話の力を信じていたからです。

(その時の)6.15南北共同宣言により、(南北で)切断された鉄道と道路が続き、金剛山観光と開城工業団地事業が開始されました。6万の離散家族の生死を確認し、2万4000の離散家族が再会しました。

20年周年記念日を報じる韓国メディア「YTN」

開城工業団地には125社の企業が入居し、5万5000の北朝鮮労働者との合弁経済を始め、200万人の我々国民が金剛山観光に行きました。すべて、対話が成し遂げた成果です。

2017年、韓半島に戦争の暗雲が立ち込める状況で、南北の指導者が再び直接対面できたのも6.15共同宣言の精神を受け継いでいこうとする意志が両首脳にあったからです。

会話の力で、我々は平昌冬季オリンピックを成功させ、平和オリンピックとして完成させることができましたし、史上初の北米(米朝)首脳会談も開始することができました。

韓半島はまだ、南と北の意志だけで思うがままに駆け出すことができない状況です。存分に走って行くことができる状況ではありません。時間をかけ、国際社会の合意を得ていかなければなりません。

しかし、南と北が自主的に行うことができる事業もはっきりと存在します。何よりも重要なのは、南北間の信頼です。絶え間ない対話で南北間の信頼を育てていかなければなりません。

国民の皆様、内外の貴賓の皆様、我々が直面した不快感や困難な問題は、意思疎通と協力で解決すべきものです。反目と誤解が、平和と共存に向けた私たちの努力を遮るようなことがあってはいけません。

韓半島情勢を劇的に転換しようとしていた金正恩委員長の努力を私はよく知っています。期待したほど北米(米朝)関係と南北関係の進展がなされていないことについて、私も物足りなさが非常に大きいです。しかし、私と金正恩委員長が8千万同胞の前で行った韓半島の平和の約束をないがしろにすることはできません。

2018年の南北首脳会談を報じる韓国政府公式チャンネル

韓国政府は、意思疎通の紐を離さず、4.27板門店宣言と9.19平壌共同宣言の履行のために絶えず努力します。板門店宣言では、南北は軍事境界線一帯でビラ散布など、すべての敵対行為を停止することで合意しました。

7.4南北共同声明や南北基本合意書をはじめとする、歴代の南北合意も幾度も同じ姿を見せてきました。韓半島の平和と繁栄を願う人であれば誰しもが遵守しなければならない合意です。国民の皆様、合意が守られるよう心を一つにしてください。北韓へも対話の窓を閉じないよう要求します。壁があったとしても、対話に知恵を集め、ともに越えていきましょう。

6.15南北共同宣言は、民族の心に宿る薫風であり、韓半島の運命を変えた歴史的な宣言でした。私たちは初めて、民族の和解と韓半島の平和が、漠然とした夢ではないことを体感することができました。

平和こそが経済であり、雇用であり、私たちの生活です。平和は一日にして成りません。難しいからこそ、「小さなことから、可能なことから」始める必要があります。平和は誰かが代わりにもたらしてくれるものでもありません。

我々の運命は我々自身が開拓しなければなりません。南と北が一緒にすべきことです。「私たち韓民族が必ず共存共栄し、新しい21世紀に共に手を握って、世界一流国家に羽ばたこう」という、金大中大統領の平素の願いをよく覚えています。

平和と繁栄のために南北が連携して協力する時代を、必ず作っていきます。ありがとうございました。

文大統領はスピーチのなかで2度、「国民の皆様、内外の貴賓の皆様」と呼びかける。果たしてその対象に連絡の途絶えている北朝鮮が入っていたか、いなかったか。

北からの反発「言葉の端々に恥知らずと強引さがカビ臭くこびりついている」

いずれにせよ2日後、北側から強い反発があった。朝鮮中央通信から発信された談話だ。小見出しの位置も含めできるだけ忠実に訳し、紹介する。

話は冒頭から「熾烈なスタートダッシュ」で封を切る。

北朝鮮公式の対外宣伝用サイト「我々の民族同士」より。該当ページキャプチャ
北朝鮮公式の対外宣伝用サイト「我々の民族同士」より。該当ページキャプチャ

恥知らずな戯言を聞くにおぞましい

―金与正朝鮮労働党中央委員会第―副部長の談話―

北南関係が取り返しのつかない最悪の破局に駆け上がっているなかで、南朝鮮当局者がついに沈黙を破った。

去る15日、青瓦台主席秘書官ならびに補佐官会議と《6.15宣言20周年記念行事》に送った映像メッセージというものを通じて連続で二度も冗長な演説を行った。

2000年の6.15共同宣言署名時、南側当局者が身に着けていたネクタイまで借りて結び、2018年に板門店宣言の時に使用した円卓の前に立ち、象徴性と意味をいつもと一緒に努めて付与しようとしたのだが、その内容を聞いてみると、改めて嫌悪感を禁じ得ない。

一言で言うと、生水を飲んで食あたりする話のようだった。恥知らずで厚かましい内容のみをそれぞれがバラバラで言っているだけだった。

肩書は《大統領》の演説だが、民族の前で保つ責務と意志、現在の事態収拾の方向と対策は見つけようとしても見つからず、自分の言い訳と責任回避、根強い事大主義で綴られた南朝鮮当局者の話を聞くに、私も思わず胃の中がムカムカしていくことを感じた。

冗長、嫌悪感、食あたり、恥知らず、厚かましい、そして胃がムカムカ。談話は、多くの感情的な非難の言葉から始まった。

記事の発信を伝える北朝鮮公式対外宣伝サイト「我々の民族同士」のTwitter。

本末転倒の美辞麗句の羅列

厳重な現在の事態が、ゴミどもの反共和国ビラ散布妄動とそれを黙認した南朝鮮当局のせいでもたらされたのは、誰もが知っている事実である。

であれば、南朝鮮当局者の今回の演説は、当然それに対する謝罪と反省、再発防止のための確固とした決意があって当たり前であろう。

しかし、本来あるべきものは形もなく、責任回避のための言い訳と凹凸にまみれた華やかな美辞麗句で一貫している。

平和は一日でならずだとか、くねくね流れても最後には海に向かう川のように楽観的信念を持つべきだとか、遅くとも一歩ずつ進まねばならないだとか、特有の語法と話法で《おしゃれ》なふりをし、何かの真似をしてただ読んでいるだけの浅はかな知識の表現を整えるのにかなり力を入れたようだが、現在の事態の本質をいったい分かっているのだろうかと問わざるを得ない。

ゴミどもが犯した反共和国ビラ散布行為と、それを黙認した南朝鮮当局の処置は、抽象的な美化で飾ってグズグズ解決する問題ではない。

北南関係の基礎であり、出発点である相互尊重と信頼を、南側がはっきりと分かっていながら刺激したという根本的な問題がある。

我々が神聖視するものの中でも、一番の中心核である最高の尊厳、我々の委員長同志をあえて冒涜し、同時に我々全人民を愚弄する天下の妄動を、ためらいなく強行した。

これをどうやって《一部》の仕業として、《不快な困難な問題》と罵倒し、単純に《重い心》だけで対することができるだろうか。

重ね付言するが、我々の尊厳の代表である委員長同志をあえて冒涜したのは、我々人民の精神的な刺激したということであり、それが誰であろうとも、絶対に、いささかも許せないというのが全人民的な思想感情であり、我々の国風である。

先日、青瓦台が対北ビラ散布は百害あって無用の行為と公式に認めてそれに対して断固対応するとしたことも、南側自らどれほどに痛恨の罪を犯したのか分かっているからだろう。

ところが、南朝鮮当局者は何が間違っていたのかについての認識もなく、目やに程度の反省もなく、対策となると、ますますないのだ。

自分が犯した過ちの責任を追わず、他人に渡そうとするとは、卑劣なものたちがやることだ。

このような強引さと醜さが南朝鮮を代表する最高首権者(ママ。「主権者」にあらず)の演説に逃げるとは、まったく、驚愕するほかない。

北南関係を止めてはならないと言いながらも、その出発点になるその誤りを率直に認めることは命がけで避け、望まない荒波に入ると媚びへつらいながらもその解決策であるゴミどもどもの妄動を阻止させる対策一つも立てないという下心は明らかである。

邪険な言葉の戯れで最悪(な状況)を覆ってしまい、目の前に迫った危機からは逃れようということなのだが、まったく薄っぺらで愚かな考えだ。

信頼が根元まで(ママ)崩れ、嫌悪感が極度に達したのに意味のない見せかけの言葉幾らかで北南関係を反転させることができようか。

そちらが「信頼」というわりには、2018年の南北合意に反して軍事境界線近くの挑発行為(煽動ビラ散布)を行った。分かっていながら見過ごした。その解決に時間をかけている。6月15日の演説の内容は失望だった、という点を記している。

談話を読み上げる朝鮮中央TVのアナウンサー。

責任を転嫁する恥知らずな詭弁

南朝鮮当局者は、北南関係を牽引する責任ある当事者である。

歴史的な板門店宣言と平壌共同宣言に署名しただけでなく、8千万同胞の前で民族の運命と未来を公言した当事者として、北南関係が上手くいこうがいくまいが、それに対して完全に責任を負う姿勢と立場に立つのは、あまりにも当然のことである。

ところが、今回の演説を開けてみれば、北南関係が進展を成さずにいることが、ことごとく何らかの外的要因にあるように、話を押し戻してしまった。

《政権》が変わることにより、対北政策が一貫性を失いもした。国際情勢が揺れ動く影響で、北南関係が一直線に発展していないと泣き声だけ並べるが、共同宣言履行のために彼らが行うことなどそもそもなかったと直ちに割り切ったほうがましだろう。

演説通りなら、北南関係が一歩も進まなかったことは南朝鮮内部の事情からであり、米国と国際社会の支持がついてこなかったからということだが、(これが)過去にあれほど口にした《運転者論》が無色となる弁明に違いない。

《期待ほど南北関係の進展がなされていないことについて、私も物足りなさが大きい》としたが、漠然とした期待や物足りなさを吐露するのが、いわゆる《国家元首》が取る姿勢と立場なのか。

看過できないのは、現事態と関連して、我々がゴミどもの対北ビラ散布と彼らを非難し、疎通を断絶していながら、過去の対決時代に戻るのではないかと心配であるとか、意思疎通と協力で問題を解いて行くことを望むなどと力説していることだ。

言葉の端々に恥知らずと強引さがカビ臭くこびりつく詭弁と言わなければならない。

北南関係を担当する主人の姿勢と立場に戻すべきという、我々の進言と忠告に耳が聞こえないふりをして、信義と約束を古い草履のように捨てたのは果たして誰なのか。

それでも飽き足らず、彼らがもたらした事態の責任も、我々に転嫁しようとするのはまったく露骨な傲慢不遜の行為に違いがない。

板門店宣言2条1項には、軍事境界線一帯で拡声器放送とビラ散布をはじめとするすべての敵対行為を停止することについて明記されている。

2年という長い時間のなかで、数回に留まらず、そちらの家で行われる反共和国ビラ散布を見て見ぬふりをして放置していたのは、誰が見ても南朝鮮当局の責任であることは明白である。

恥知らずの極致は、彼らがまるで北南合意を履行するために多くの努力に繰り返し言及したことである。

いったい板門店宣言と9月の平壌共同宣言で、南朝鮮当局が履行すべき内容を正しく実行したことが、ひと条項でも存在するのか。

あったとしても、主人の役割は果たせず、上の顔色を見て、国際社会に頼って回ることが全てだったのだが、これを《絶え間ない努力》、《意思疎通の紐》で包装することは、キツネも顔を赤くするほどの卑劣で邪悪な発想である。

その口から「薄氷を踏む思いで慎重に臨んだ」と打ち明けたが、実際のところ北南間で十分にできることも、たいした決心もせず座り込んだのが、まさに南朝鮮当局者である。

歴史の責任を転嫁するといっても、回避できるものではない。

最低限の自分の責任は、私が負うという姿勢だけでも見せるべきなのだが、見れば見るほどに訝しさを巻き起こす人なのである。

この段落では、「韓国側が南北関係の停滞を南北間当事者以外の責任にしている」と批判。なかでも米韓同盟を批判した。

卑屈と屈従の表出

南朝鮮当局者は今回、《南北宣言はぶれてはならないしっかりとした原則》である云々を言い、《条件づくり》がだめでも北南関係で、その何かをするかのようなつまらない言葉を並べた。

しかし、北と南の意志だけで存分に走って行く状況ではない、時間はかかっても、国際社会の同意を得ていく努力も着実にすると、退屈な事大主義打令をひとしきり並べた瞬間、変われない事大依存の本態が間違いなく明らかになった。

いくら上の顔色を見ながらビクビクと生きていく可憐な処遇にあったとしても、北南関係は、今日のような破局に至り、その口をめった切りにした強盗に救いの手を差し出すだろうか。

自他が公認するほど素晴らしかった北南合意が一つも履行の光を見ていないのは、南側が自ら自分の首をかけておいた親米事大自主の罠のためである。

北南合意のインクが乾かないうちに、上が強いる《韓米実務グループ》というものにどっぷりと浸かり、事あるごとに北南関係のすべての問題をホワイトハウスに捧げてきたことが、今日の悲惨な後遺症として戻ってきたのだ。

戦争ごっこをしようと言えば、それをやり、先端兵器を買えといえば、バタバタと天文学的な血税を仕え捧げる彼らの愚かな行動が、北南合意の乱暴な違反に繋がることが分からなかったわけはない。

しかし、北南合意よりも《同盟》が優先であり、《同盟》の力が平和を持って来るという盲信が、南朝鮮を継続的な屈従と悪質な裏切りの道に導いた。

過去2年間南朝鮮当局は、民族自主ではなく、南北関係と朝米関係の《好循環》というとんでもない政策に邁進してきた。遅ればせながら《身動きの幅を広げたい》と言ってきた時でさえ《制裁の枠組みの中で》という前提条件を絶対的なものとして加えてきた。

今日の北南関係が米国の籠絡物に転落したのは、完全に南朝鮮当局の執拗で慢性的な親米事大と屈従主義が生んだ悲劇だ。

問題は、泥沼にはまってジタバタする瞬間まで、南朝鮮当局者が外部勢力のズボンの股間から離れられない汚らしい姿を見せているものである。

獣も一度引っかかった罠には再び掛からないという。

ところがその手でその目を突く愚かな注文を一、二度ではなく演説のたびにはっきりと正気を失ったような状態で繰り返している人を見るに、表面上は欠点がないように見る人が、精神面は間違いを犯しているのではないかと心配になる。

事大と屈従は自滅を招く前奏曲である。

根強い事大主義根性に苦しみ、汚辱と自滅へ突き進んでいる卑屈で屈従的な相手とはもう北南関係を論じられないという点が我々の確固たる判断である。

政治家なら理想も重要だが、自分ができることを決心をもって見つけられなければならないのではないか。

行動より言葉をより上手な人が、たまにいるとは聞くが。

常に演壇や撮影機(カメラ)、マイクの前にだけ出ればまるで子供のように、天真爛漫で希望あふれる夢のような話ばかり吐き出し、まったく自分がうまく行っているようなふり、正義のふり、原則に沿っているふりをして、平和の使徒のような品行をおぞましい格好で振る舞い、(北側での首脳会談を終え南に)戻ればみっともないだけ。その姿を一人で観るに耐えず、我々人民にちょっと知らせようと、私が言葉の爆弾を爆発させたのである。

とにかく今は南朝鮮当局者が、我々とは何も出来ないままに追い出されたのだ。今後、南朝鮮当局者たちができることとは、後悔と嘆きだけである。

信義を裏切ったことで、どれだけ高価な代償を払うことになるのかを南朝鮮当局者は、流れる時間の中で強い痛みとともに感じることだろう。

主体109(2020)年6月17日

平壌

締めくくりの段落ではさらに米韓同盟を掘り下げて批難。「事大主義(強いものに従う)」が過ぎている、南北関係停滞・悪化を責任転嫁しているとした。

この両者の「やりとり」のうち、北の言説について、韓国大統領官邸側が批判を行った。内容はこちらに。

【全文】韓国大統領官邸が”金与正の毒舌談話”に異例の批判。「趣旨をまったく理解せず、非常識」