小池氏大勝 歴史的な東京都議選の「勝者」と「敗者」を振り返る

勝者と敗者、悲喜交交の都議選(写真:アフロ)

小池氏率いる都民ファーストの会が大勝する結果となった東京都議選。都民ファーストと公明党は合計で過半数を上回る議席を確保し、小池都政の基盤は盤石となった。この戦いの真の「勝者」そして「敗者」は誰なのか― 注目すべき7人を振り返ってみたい。

(関連記事:「一強多弱」が崩壊?小池氏圧勝 データで見る政権交代の方程式

1. 勝者:小池百合子 東京都知事・都民ファーストの会代表

普通、首長は何年もかけてじっくりと議会に飼いならされ「オール与党体制」という名の檻に閉じ込められる。檻を出ようとした首長は、予算や条例案を質草に絡め取られ、再選出馬断念に追い込まれたり、身内だった与党から対抗馬をぶつけられることすらある。しかし、小池知事は就任わずか10ヶ月で、自らの名の下に結集した多数与党を形成することに成功した。有権者にとってそれがベストだったかどうかはさておき、都議選を知事選と地続きの「信任投票」に仕立てた実力は並大抵のものではない。今後、知事がその政治力を維持できるかどうかは、大勢の「小池チルドレン」を擁する都民ファーストの会に掛かっている。学級崩壊状態で既成政党に食い荒らされた名古屋の減税日本のようにならないよう学習効果を発揮できるかどうか、「河村流スタンドプレー」ではなく、「小池流チームプレー」が試されている。

2. 勝者:音喜多駿 都議

ほとんどの人が知らないか、忘れていることを指摘したい。つい1年前まで彼は「次がない」都議の筆頭格だと思われていたのだ。都議会では事実上彼を狙い撃ちにした定数削減が行われ、北区選挙区は4人区から3人区に。結果「自公共」で仲良く指定席を占めるものと思われていたからだ。しかし、ファーストペンギンは勝運を掴んだ。今や彼は、都政史上最も政治的基盤の強い知事のもとで、与党会派の幹事長を務めている。尤も、選挙後も同じ立場であり続けるかはわからないし、彼自身も、国政政党になるかもしれない都民ファーストの会の中で「次のステップ」を意識し始めるかもしれない。今後大きな課題になる市場問題で知事が打ち出した「アウフヘーベン」は、豊洲市場への移転を一貫して主張してきた音喜多氏の考えと100%相容れるものではないだろう。1年生議員が多い都民ファースト会派の中で「チームプレー」をまとめるリーダー的存在であり続けられるかどうかが今後の勝負の鍵だろうか。

3. 敗者:都議会自民党

彼らは集団だから、正確には1人ではなく大勢だ。しかし言うまでもなく、彼らこそ最大の敗者である。もし自民党が何かの拍子に都議会公明党を「翻意」させても、自公では過半数には届かない。これでは公明側にはついていくメリットがない。更に、自公で過半数に届かないだけでなく、単独で1/3にすら届いていないことも重要なポイントだ。つまり、地方自治法が定めるところの「特別多数議決」を単独では阻止できなくなるのだ。例えば、もし小池知事が豊洲市場の民営化を決断した時、その議案は特別多数議決の対象となる。一方で、都民ファーストの会と公明党の合計でも2/3に届くわけではないので「まず、2/3をとらせないこと」という懐かしの岡田民進党の名キャッチコピーが、今度は都議会自民党のものとなる日が来るかもしれない。

4. 敗者:菅義偉 官房長官

彼が一生懸命応援した地方選はなぜか負ける。知事選だけでも、佐賀、滋賀、沖縄、東京と4連敗だ。そして今度の都議選も酷い結果に終わった。今まで彼は「危機管理はできても地方選挙は微妙」と言われていたが、最近はその危機管理すら怪しい。それでも、小池知事に融和的とも取れる言動を繰り返す安倍首相とは対照的に、菅氏からは敵意漲る発言が続く。来年までに行われる総選挙で、自民が議席を減らせば、首相の悲願である憲法改正のハードルは上がる。その穴を埋める位置にもし小池知事と都民ファーストの会がいれば、菅氏は握手できるだろうか。

5. 敗者:下村博文 自民党都連会長

週刊文春が報じた加計学園「闇献金200万円」疑惑の釈明会見は、却って疑惑を深めたのではないか。なぜ加計学園と関係のないパーティー券収入を加計学園の秘書室長が持参したのか不思議なだけでなく、会見での発言をよく聞くと、加計学園に献金を斡旋してもらったという説明ととれる。言うまでもなく、パーティー券購入の斡旋は違法だ。疑惑を否定する言葉だけは歯切れが良いが、釈明自体は詳細に立ち入るほどますます疑念を深めるものとなった。下村氏は、自分が何を喋っているのか、果たして理解しているのだろうか。会見前半でリークの犯人として元秘書の平慶翔氏を事実上名指ししながら、後半の質疑応答では「特定していない」と発言するなど迷走ぶりも目につく。その態度とは裏腹に、分の悪い争いに見える。この調子では、今後も追及が続きそうだ。

6. 敗者:蓮舫 民進党代表

もし昨年、蓮舫氏が党代表選ではなく都知事選に出ていたら、と考えることがある。当時、民進・蓮舫氏と自民・桜井氏ないしは増田氏の戦いであれば、蓮舫氏が自民支持層にも一定程度食い込んで勝利していた― そんな可能性を示唆する数字もあった。だから彼女が当時、違う選択をしていれば、小池氏は立候補すら見送ったかもしれない。そして、民進党やその中での彼女の立場も、違ったものになっていただろう。今、小池氏が「ポスト安倍」の1人として名を挙げられる立場にあることを考えれば、実は蓮舫氏が欲しかったものを小池氏が手に入れているとも言える。逆に蓮舫氏は、衆院鞍替えも危ぶまれる世論の強い逆風に直面している。そういえば「蓮舫VS小池百合子、どうしてこんなに差がついた?」というタイトルの本を書いた方もいた。当たっているかもしれない。

7. 敗者:松井一郎 大阪府知事・日本維新の会代表

松井氏は10ヶ月掛けて、東京での維新支持層の多くを都民ファーストに献上した。昨年の都知事選時点の世論調査では、維新支持層は小池支持が多数だったが、その後維新支持層の絶対数が減るにつれ、徐々に小池不支持層が多数を占めるようになった。不自然なほど安倍政権に甘く、小池知事に厳しい松井氏の姿勢は、東京の維新支持層の多くには奇異に映ったに違いない。維新の「グレーター東京」構想は大阪都構想に着想を得た統治機構改革構想だが、実は都民ファーストの会でも尾島紘平氏などが以前からほぼ同様の政策を打ち出している。松井氏ですら「東京大改革を否定しない」などと曖昧な言い方に終始したことからすれば、小異を捨て大同につく判断ができなかったことへの認識があるのではないか。こうしたことからして、維新が東京で足場を殆ど失ったのは「埋没」したからではない。間違ったタイミングで、間違った相手に、間違った方法でファイティングポーズをとったために完敗したのだ。官邸を頼った大阪の陳情行政と「統治機構改革」のどちらが党にとって大事な目標なのか、総括すべきだろう。改憲をやりたい安倍政権にとって、国会での維新の議席は重要だ。松井氏は、自身やその仲間たちの「政治的価値」を安く見すぎて、大事なものを喪ったのではないか。