なぜ仕事ができない人ほど副業をしたがるのか?

(写真:Wavebreak Media/アフロイメージマート)

■「副業になっちゃう」が正しい

「最初は副業するつもりはなかった。頼まれるからやってただけ」

そう答えたのは、WEBマーケティング支援で年間1,000万円以上稼ぐKさんだ。Kさんの本業は、不動産会社の営業企画。係長で、本業の年収は約400万円。断然、副業の手取りのほうが多い。

しかし、副業を本格的にやるつもりはないと言う。

「本業はあくまでも当社の営業支援であり、WEBを使っての広告戦略を考えること。本業が忙しくなったら、副業なんて絶対にしない」

最初は知人の会社にアドバイスする程度だったという。しかし、結果が出はじめると、次々に企業を紹介され、Kさんの副業収入はドンドン膨らんでいった。

私はKさんのようなタイプの人を何人も知っている。

1)本業で成果を出す

2)個人に仕事の依頼がくる

3)その仕事が副業になっちゃう

こういうケースだ。

キーワードは「副業になっちゃう」という部分。副業をしているのは、あくまでも結果論であり、最初から副業する目的はなかった。このようなKさんタイプの人は、副業によって、本業ではできないいろいろな経験を積み重ね、ますます仕事ができるようになっていく。

■「本業がおろそかになっちゃう」は最悪

いっぽうで、こちらが逆パターンである。

1)本業で成果を出せない

2)副業に手を出す

3)本業がおろそかになっちゃう

キーワードは「本業がおろそかになっちゃう」という部分だ。仕事ができない人ができる副業といったら、時間を切り売りする「代行業」のような仕事になる。当然、その副業にやりがいは感じられないし、長い時間をかけた割には収入も多くない。

当然、スキルアップや能力開発にもつながらないため、ますます仕事のできない人になっていく。

コロナ禍で「大副業時代」幕開け? アジアで最下位の「自己研鑽しない日本人」が副業で稼げるのか?で書いたとおり、仕事ができない人は総じて「自己研鑽」にも力を入れていない。

自分の「能力」を生かすのではなく、「労力」を使って仕事をすると人生を浪費させるだけだ。うまくいっても5年。本業をつづけながら副業をやるだなんて、10年も続けることは難しいだろう。どうしても本業以外に力を入れたいというのであれば、勇気をもって、それを本業にすべきだ。副業でやろうとせずに。

■お金を稼ぐことは簡単ではない

おそらく、甘く考えている人は、

1)本業で成果を出せない

2)副業に手を出す

3)副業がうまくいっちゃう

と夢見ているのだ。さらに、

4)副業で独立できちゃう

とか

4)本業でも成果が出ちゃう

という幻想さえも抱く。客観的に考えたら、そんな都合のいい話はないのだが、「自信過剰バイアス」にかかるのだろう。仕事ができない人ほど「意外と自分はできるかも」と思い込んでしまうものだ。

企業であれば、本業(コアコンピタンス)以外の事業に手を出す「多角化戦略」は禁じ手だ。かつてはライブドアが、昨今ではライザップが大胆な多角化戦略を試みてハデに失敗している。

本業がうまくいっていても、こうなのだ。

したがって、基本は本業を一所懸命にやり、しっかり成果を出して、まずは会社に認められることだ。そして余裕ができて、ご縁があれば副業に手を出すほうがいい。

もし、どうしても本業で成果が出ないのであれば、副業を考えるのではなく、本業そのものを変えるべきだ。そんなリスクもとれないようであれば、何をやってもうまくいかない。

1年や2年ならともかく、長くお金を稼ぐことは簡単ではない。そのことを、肝に銘じておくべきである。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

横山塾~「絶対達成」の思考と戦略レポ~サンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    GoToEatで「無限くら寿司」を実践。人数×1,000ポイント貰えるため次回食事から実質ほぼ無料に篠原修司10/27(火) 13:09
  2. 2
    麻生財務大臣の特別定額給付金批判が時期尚早だと思う理由島澤諭10/29(木) 16:00
  3. 3
    5,000円分もらえるマイナポイント。子ども分の手続きは?親のポイントとして使える?豊田眞弓7/25(土) 16:00
  4. 4
    今、地方都市で人気マンション続出。理由は「コロナ移住」ではなかった櫻井幸雄10/27(火) 11:00
  5. 5
    コロナショックで金利支援。0%で借りられる保険会社等の契約者貸付【10月30日現在】豊田眞弓10/30(金) 13:30
  6. 6
    新型コロナウイルスによる経済への影響を多方面からさぐる(2020年10月31日時点)不破雷蔵10/31(土) 11:39
  7. 7
    4月に拡充した高校無償化【高等学校等就学支援金制度】。7月にも重要な変更があったのをご存じですか?豊田眞弓10/5(月) 12:30
  8. 8
    コロナ禍で新幹線が格安に! 「のぞみ」は前例なき半額、起爆剤となるか小林拓矢8/18(火) 6:30
  9. 9
    欧米で新型コロナウイルスの感染が再拡大、金融市場ではこれがあらためてリスク要因に久保田博幸10/30(金) 10:14
  10. 10
    NHK受信料が2020年10月から値下げへ。いくら下がるの?(コロナ禍対応も整理しました)豊田眞弓8/25(火) 10:00