【外出自粛】それでも出勤がなくならない理由「服従の心理」とは?

外出自粛でも、出勤する人は出勤する(写真:アフロ)

■ 3種類の理由

3月26日、小池都知事や近隣4県の知事らは、不要不急の「外出自粛」を県民都民に要請した。

これを受けて、企業は対策を急いでいる。首都圏の多くの企業が、営業停止や臨時休業、さらなる在宅勤務の促進に着手した。

しかし、それでも移動する人は移動するだろう。不要不急なのに、イベント参加へ出かけたり、行きたいお店を訪れたり、会社に出勤するのである。

なぜこれほど大々的に「外出自粛要請」が出ているのに、それでも外出してしまうのか? 理由は3種類ある、と私は考えている。

1)そこへ移動したいから

2)そこへ移動しなければならないから

3)そこへ移動することになっているから

この3つだ。

1つ目の理由はわかりやすい。自分が訪れたい場所があれば出かけたくなるものだ。

2つ目も同様に理解できるだろう。どうしてもその場所でへ行くべきと判断したら、出かけてしまうものだ。

この2つの理由はそれぞれ人の「意思」であるから、周囲が厳しく言ったり、説得することで、思いとどまらせることができる。

問題は3つ目である。そこへ移動することになっているから――という理由に、人としての「意思」がない。だから、周囲がどんなに言い聞かせても、

「会社に行くことになっているので」

と言って耳を傾けないのだ。このような人間の心理状態を「エージェント状態」と呼ぶ。

■ 服従の心理を暴く「ミルグラム実験」

「エージェント状態」を説明するのには、まずスタンレー・ミルグラムが1960年代に実施した「ミルグラム実験」を簡単に解説する必要があるだろう。

ミルグラム実験とは、何十万人というユダヤ人大量虐殺(ホロコースト)は、極悪非道の人間によってではなく、実は小心者の凡人によって指揮されたことを証明した実験である。

善良な人間であろうと残酷な罪を犯してしまう。その理由は、あくまでも自分は、権威者(ヒットラー)の代理人(エージェント)として執行しているという心理が働き、罪の意識が薄れるからだと言う。

これが「服従の心理」だ。

今回も、「外出自粛」の要請があろうと、オフィスや店舗に出勤する者はする。不要不急であってもなくても、出勤するのだ。なぜなら3つ目の理由――「出勤することになっている」からだ。自分の意思とは関係がない。

「外出自粛要請が出ていますが、出勤するんでしょうか? 在宅でテレワークできますが」

と、上司に進言しても、

「そりゃあ、出勤だろう」

と、事もなげに言われる。なぜなら経営トップが「出勤だ」と言っているからだ。

社長がそう言うなら本部長もそれに従うし、本部長が従うなら部長も従う。部長が従うなら課長も従うのだ。このような「権威システム」が働いている限り、社員は皆「エージェント状態」となる。

■ さらに一段階強い表現が必要か

企業の不正がなくならないのも、この「権威システム」が原因だ。各部門のトップが「エージェント状態」になっているため、それぞれに著しい「責任の喪失」が見られる。

組織全体が権威者に服従してしまえば、いくら都知事らが「外出自粛」を要請しても、どこ吹く風だ。経営のトップが明言しない限り、誰もそれに従わない。

とくに気を付けたいのが、ワンマン経営をしている中小企業だ。「会社」という閉鎖的なヒエラルキーが絶対であり、世間の常識が通用しないこともある。

「外出自粛」という表現は、「個人」には届いても「企業」には届きづらい面もあるだろう。今週末の状況にもよるが、さらに状況が悪化するなら、もう一段階強い表現をしたほうが、独善的な手腕をとりつづける経営者を動かしやすい。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ