【仕事始め】どうする? 2020年最高のスタートを切るために描くべき『年間貢献地図』とは?

(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

■ ドラマティックな年になる2020年

いよいよ2020年がスタートした。ついに来た、2020年である。

何年も前から、経営者のみならず、一般のビジネスパーソンの中でも話題だった「東京オリンピック・パラリンピック」の年。

それだけではない。

中国の習近平国家主席が来日するし、アメリカ大統領の選挙もある。身近な話題では「同一労働同一賃金」か。2020年は、日本経済にとってビッグイベントが目白押しの年だ。(まさか新年早々、アメリカとイランとの間で緊張が高まるとは思わなかったが)

そんなドラマティックな年になること間違いなしの2020年。景気よくスタートしたいというビジネスパーソンも多いはずだ。

そこで今回は、どうすれば2020年に最高のスタートを切ることができるのか、解説したいと思う。心がけることは、たった一つでいい。2020年の『年間貢献地図』を描くことだ。誰にでも、15分もあれば完成する地図だ。この地図をつくることで一気に視座が高まり、2020年に自分の「やりたいこと/やるべきこと」を俯瞰することができるようになる。最後まで読んでもらいたい。

2020年の「年間貢献地図」を描こう。
2020年の「年間貢献地図」を描こう。

■ 時間間隔を取り戻す

さて、この年末年始は、曜日に恵まれたこともあり、9連休だった方も多いのではないか。

しかし9日間も仕事を離れると、復帰したときにすぐ感覚が戻らないものだ。運動と同じで、しばらく走っていない人が突然トップスピードで走りはじめると足を痛めてしまう。だから注意が必要だ。

気をつけたいのは「時間感覚」

よほどスケジュールに追われた冬休みを過ごしていない限り、休みの日は「時間」を意識する量が極端に減る。5分で何ができるか、15分であの作業を終わらせられるか、といった「時間感覚」が落ちてしまうのだ。

1日や2日間ならともかく、8日間も9日間も、ずっと「締め切り」や「期限」を意識しない日常を過ごしていると、「時間感覚」を戻すのに苦労する。

「生活のリズム」がおかしくなっても構わない。いつもより遅く起床しようが、昼に寝ていようが、夜遅くまで遊んでいても問題ない。大切なことは一定の区切られた時間の中で計画的に活動しているか、ということ。

もし9日間も計画性のない日々を過ごしていたら、連休最後の日ぐらいはがんばって1日のスケジュールを立て、その通りに活動してみよう。連休明けに仕事へ行きたくないという感情「連休明け憂鬱」から逃れるためのリハビリだ。

■ 大事なのは「仕事始め」の朝

では、幸先のいいスタートを切るためには、どうすればいいのか。

この記事は有料です。
本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポのバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポのバックナンバー2020年1月サンプル記事

横山信弘

価格

330(記事4本)

2020年1月号の有料記事一覧

すべて見る

累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    1万円札が減少し、5千円札が増えてきたのはどうしてなのか 久保田博幸2/15(土) 10:51
  2. 2
    確定申告が2月17日から開始。新型コロナウィルス対策のためIT利用を推奨。スマホからの申告も可能に。 大元隆志2/16(日) 18:31
  3. 3
    新型肺炎で考える! 仕事ができる人の「危機管理能力」と「リスク管理能力」 横山信弘2/15(土) 19:05
  4. 4
    【速報】大阪IR入札、1社しか希望なく単独入札へ 木曽崇2/14(金) 18:34
  5. 5
    横浜市の「カジノ誘致」騒動の虚しさ。どう見ても失敗するので、反対する気力すら起こらない。なぜか? 山田順2019/8/29(木) 4:39
  6. 6
    ストレス耐性をアップし、ビジネスの「総合スキル」を向上させる2つの視点 横山信弘2/15(土) 21:23
  7. 7
    新型肺炎の拡大が収束との楽観的な見通しが出てきた、市場は疑心暗鬼ながらもリスクオンの動きに 久保田博幸2/13(木) 10:06
  8. 8
    大きく変わった医療費控除~領収書提出不要と新たな義務 小澤善哉2018/2/10(土) 19:05
  9. 9
    震災直後、メーカーに欠品を禁じた企業とは?食品ロス削減の1/3ルール緩和から7年、1/6を課す企業も 井出留美2/10(月) 11:06
  10. 10
    「残業好き」の人たちにとって働き方改革とは何なのか? 横山信弘2/7(金) 7:16