【衝撃】味の素、50歳以上100人希望退職者募る! 働かないおじさん「50G」の未来は?

俺は何も知らされてないが……。(写真はイメージ)(写真:アフロ)

■ 味の素の英断

「衝撃的な数字だ……」

私はこのニュースを見て、思わずうなった。

味の素が50歳以上の管理職から希望退職者を募集すると発表した。その規模、100人程度。

「100人」という数字を見て多いと思うか、少ないと受け止めるか、人それぞれかもしれない。私はというと、衝撃的な数字と受け止めた。

なぜなら「管理職100人」だからである。

いくら50歳以上と限定しても、「50歳以上の管理職」全員が対象ではない。組織論「2・6・2の法則」で考えたら、下の層が100人程度、という計算だろう。

つまり全体では500人ぐらいは管理職がいる計算か。50歳以上が? いや、そんなに多くはないだろう。ということは、半分の250人程度?

それだと、半分近くが対象となってしまう。

そう考えると、繰り返すが、やはり衝撃的だ。

50歳以上の管理職の、実に半分近くに引導が渡されたということになるからだ。

あくまでも予測の範囲を出ないが、それでもこのニュースを見る限り、世の中の、いわゆる「働かないおじさん」は、肩身が狭いどころか、死期が近付いていると表現したらいいのだろうか。

私も50歳であるため、同世代の人たちが、名の通った企業でこのような扱いを受けているのに複雑な思いを抱く。

とはいえ、同世代だからこそ、容赦なく突き放したい気持ちになるのも事実だ。

■ 50G(フィフティジー)とは?

私は企業の現場に入って目標を絶対達成させるコンサルタントだ。組織改革をするうえで、最も抵抗する一大勢力がこの世代の管理職だ。

2~3ヵ月も現場でコンサルティング支援をしていると、わかる。労働生産性が低く、会社への貢献度が低い層はどこなのか。

それが、高給取りなのに、実質貢献度マイナスの50代管理職である。そして、ほぼ100%男性だ。私はこのような「働かないおじさん」を、

50G(フィフティジー)】

と呼んでいる。50代という年齢と世代(ジェネレーション)、そして年老いた男性(ジー)を掛け合わせた造語だ。

次世代移動通信システム「5G(ファイブジー)」は、ビジネスにおいて破壊的イノベーションをもたらすと言われている。

しかし「50G(フィフティジー)」は、破壊的現状維持をもたらす。とくに承認欲求が高い「50G(フィフティジー)」は厄介だ。

意見を伺うことなく意思決定すると、

「俺は聞いてない」

と言いだすし、それでうまくいかないと、

「最初からうまくいかないと思ってたんだ。一言、俺に相談してくれたら、よかったんだ」

とドヤ顔をきめる。

「50G(フィフティジー)」に気を遣いすぎると、チャレンジングな取り組みの執行率は下がり、組織内レポートラインの「絶縁体」となっている場合は、ホワイトカラーの生産性アップに大きな障壁となる。

■ 今後も50G(フィフティジー)がターゲットに

味の素は、働かないおじさんである「50G(フィフティジー)」が組織の老廃物と化してないか。そう思い、希望退職者を募ったのだろう。

トヨタ自動車は、人件費抑制では解決できない「新50代問題」に頭を悩ませている。

今後も大企業を中心に、「50G(フィフティジー)」をターゲットにした同様の動きが増えるだろう。心当たりある50代は、今からでも遅くない。感度を高め、謙虚になり、ご自身のマーケットバリューアップに努めたほうがいい。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。メルマガ「草創花伝」は4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ