【今どきの部下育成】稲盛和夫氏の名言から「やらされ感」について考える

「やらされ感」を覚えさせない部下育成とは……。(写真はイメージ)(写真:アフロ)

■ 部下育成に必要な言葉のチョイス

相変わらず「やらされ感」という言葉をよく耳にする。部下育成について相談があると言われたのでアドバイスしたら、

「部下がやらされ感を覚えたら、ダメじゃないですか」

と言われたのだ。

また、「やらされ感」か……。

もう、うんざりだ。「モチベーション」だの「やらされ感」だのといった言葉をチョイスする管理職は、感度が落ちている。23歳の部下も、29歳の部下も、34歳の部下も、十把ひとからげに見ているとしか思えない管理職たちだ。日ごろから部下たちと、正しく向き合っているのだろうか。

よく考えよう。その主張の根拠はどこにあるのか。なぜ「やらされ感」という感情を覚えたらダメなのか。というか、誰がダメだと言い、何がダメだと言うのか。

それさえ探求せず、なんとなく「部下がやらされ感を覚えたらダメじゃないですか」と、口にしているだけなら、いつまで経っても部下は成長しないし、仕事の生産性もあがらない。

■ 稲盛和夫氏の名言を引用

私は企業の現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタントである。そのため、講演を依頼されるときも「絶対達成」をテーマにしているときが多い。

講演の中で、私はたまに稲盛和夫氏の名言を引用することがある。その名言とは――

 バカな奴は、単純なことを複雑に考える。

 普通の奴は、複雑なことを複雑に考える。

 賢い奴は、複雑なことを単純に考える。

である。

高度情報化時代となり、単純なことを複雑に考える上司が激増した。だから、こういう上司が部下育成をすると、とても生産性が落ちる。そのことを伝えたいとき、この名言を活用するのだ。

やらなくちゃいけないことがあったら、グダグダ言わずにやればいい。とても単純なことだ。

にもかかわらず、部下本人ではなく上司が、「そんな言い方をしたら、やらされ感を覚えてしまう」だとか、「まずモチベーションを上げることが先決だ」だとか、言うからややこしくなる。

冒頭の話に戻ろう。

「課長、この行動計画をキチンとやり切らせてくださいよ」

と私がアドバイスしたところ、

「そうは言っても、部下が『やらされ感』を覚えたらいけないですよね?」

と、言い返してきた。稲盛和夫氏の名言からすれば、決して賢くない思考である。

この課長の先入観をただすためだ。実際に部下4人を集め、誰が「やらされ感」を覚えるのかをストレートに質問してみた。

すると4人全員、そんな感情を覚えたことはない、と答えた。

上司から「キチンと行動計画どおりにやれ」と言われたら、素直に「はい」と言えず、曇った表情ぐらいはするかもしれない。しかし、それが仕事だし、上司から言われたら、やるのはあたりまえ。「やらされ感」など覚えたことがない、と言うのだ。

それどころか4人のうち4人全員が、声をそろえて

「そもそも、課長から『やれ』とは言われてませんけど」

と言った。

「1回は、言われたかもしれない」

「普通、1回言われただけなら、動かないですよ。というか、覚えていない」

「2回、3回言われてやっと動く私たちに問題があるかもしれないけど」

「でもさ、1回言われるだけで動く部下ばかりだったら、上司なんて要らないと思わない?」

そんなことを好き勝手に言っているので、私がこう尋ねてみた。

「じゃあ、2回、3回同じこと言われても『やらされ感』は覚えないってこと?」

すると、4人のうち1人が怪訝そうな表情をして、こう言って笑ったのだ。

「だいたい、やらされ感って何んですか?」

と。他の若手社員も同調した。

「私も意味がわからない」

「俺も。やらされ感って言われても、仕事だし」

そうそう、そうなのだ。

おもしろいことに、経営者や管理者からはやたらと「やらされ感」と聞くが、意味がわかるようでわからないこの言葉を、実際のところ、現場の若手社員からは、ほとんど聞かない。

「給料もらってんだから、やるべきことはやるよ。上司はもっと、ハッキリ言ってほしい」

主体的には動かないし、やる気のない態度も時おり見せるが、上司から言われたらちゃんとやろうとする。それが今どきの若者の習性だ。

私は外部のコンサルタントだから、わかる。遠慮せず、そして高圧的な態度もとらず、普通に、

「先週も言いましたが、期限までにこの行動計画をやり切ってください」

と彼ら彼女らに指示をする。やり切るまで何度でも、淡々と言う。組織で合意形成したことなのだから、何度か言っていれば、必ず全員がやろうとする。

■「やらされ感」の定義

若手4人が言ったとおり、そもそも「やらされ感」とはいったい何なのか? 「モチベーション」という言葉と同じように、意味もわからずに使っている人がやたらと多いので、ここで再確認をさせてもらいたい。

まずはじめに、私自身がどういうときに「やらされ感」を覚えるか、それを書き出してみよう。

たとえば私は週末、妻に代わってよく料理をする。しかし慣れないせいか、料理をしながら片づけをすることができない。

だからか、そういう私を見かねて、妻が「どうせやるなら、使った調理具を洗いながらやって」とか「せっかくなら、台所をキレイに使ったほうが気持ちよくない?」などと言ってくる。

すると、だんだん気分が萎えてくる。

「仕事で疲れているのに、週末に料理までしてくれてありがとう」の一言ぐらいあってもいいだろうと、負の感情がわき上がってしまうからだ。私が「やらされ感」を覚えるのは、だいたいこういうときだ。

こういった経験から言えることは、「やらされ感」とは、もともと自分自身が「やる必要のないこと」を「やって当たり前だ」という態度で強制されたときに覚えてしまう感情、と定義付けていいだろう。

まとめると、

● 自分にとって「やる必要がないこと」にもかかわらず、

● 依頼者が強い態度でオーダーしてくるとき

に、人は「やらされ感」を覚えるのだ。

上司は、自分の部下が「やる必要のあること」「やって当たり前のこと」を十分にやっていなければ、ビシッと言えばいい。単純なことだ。

1回言ってもダメなら、もう1回言えばいい。それでもダメなら、もう1回言えばいい。

そのときに気を付けることは3つ。1つ目。「何度言えばいいんだ。2回も3回も言わせるなよ」と嫌味っぽく言わないこと。2つ目。みんなの前で言わず、1対1のときに言うこと。3つ目。感情を殺すこと。淡々と「行動計画どおりにやり切ろう」と言うようにするのだ。

そもそも、

「何度言えばいいんだ。2回も3回も言わせるなよ」

と嫌味っぽく言う上司に、私は指摘したい。なら、あなたは1回言えば、すぐにやるのかと。

繰り返すが、私は企業の現場に入って組織改革をするコンサルタントだ。管理者を相手に行動改革、意識改革を促すことが多い。その経験から、若手社員に比べ、ベテラン社員のほうが、はるかに多く言わないと動かないことを私は知っている。

だから、自分のことを棚に上げて、1回や2回言ったぐらいで動かない部下に対し、嫌味を言うべきではない。「やらされ感」を覚えないように言うにはどうすればいいのか、などと複雑に考えるべきでもない。

ここ10年で使われるようになった新語に振り回されないようにしよう。杓子定規に部下を見るのはやめよう。キチンと向き合うのだ。対話するのだ。日ごろから声をかけ、信頼関係を維持し、言うべきことは言うのだ。

ほとんどのケースで、これでうまくいく。世の中の上司たちは、部下育成をもっとシンプルに考えればいい。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。メルマガ「草創花伝」は4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ