どうしてロジカルな人のほうが、人の心がわかるのか?

(写真:アフロ)

■ ロジカルな人は、人の心がわからない?

「理屈でものを言う人は、上から目線だからニガテ」

「人はロジックでは動かない。ロジカルシンキングばかり勉強している人は、人間の大事な部分をわかってない」

ある日、大企業に勤めるスタッフからこのように言われて、強い違和感を覚えました。相手には伝えませんでしたが、まず、そもそもこの言い分がロジカルではなく、説得力がないと思えたからです。

「ロジカルな人って、わかったような口をきくじゃないですか。だから人の心がわからないんですよ」

立て続けに、このように言うものですから、私も反論したくなりました。「あなたがわかったような口をきいているのではありませんか」と。そもそも論理的であることの意味を、はき違えています。

■ 気を付けたい「ロジカル風な人」

まず、論理思考力がある人を「理屈っぽくて融通のきかない人」と、定義づけているなら、話が噛み合わないことを覚えておきましょう。論理的に物事を考えるうえで、まず知るべきは「前提」をそろえることです。「前提知識」が足りないなら、論理的な会話が成立しません。

次のAさんとBさんの会話を読んでみてください。

A:「売上が上がらないから、キャンペーンをやったほうがいい」

B:「どうして」

A:「過去に、キャンペーンをやって業績が回復したことがある」

B:「何を言ってるかわからない。問題の捉え方がおかしいから、解決策もおかしくなる」

A:「はあ?」

B:「まず手順として、売上が上がらない問題を正しく特定することが先だ。そして問題を特定してから真因を探り、解決策を練る」

A:「実は、もう社長にキャンペーンをやるべきだと進言してしまった」

B:「結論ありきで考えるな。過去にうまくいったからとか、もう社長に言ったからとか、そんな理由でキャンペーンをやるだなんて、言い分は通らない」

A:「じゃあ、どうすればいいんだ。批判ばかりしやがって。お前は俺の苦労がわからないんだ。一度、俺の立場になってみろよ」

B:「そういう問題じゃないだろ。まいったな。これだから論理思考力がないヤツは困る。すぐに感情的になるんだから」

以上の会話文を読んだら、いかにもBさんのほうがロジカルに物事を考えているように見えるでしょう。しかし実際は、五十歩百歩です。どちらも、論理思考力が足りません。たちが悪いのは、Bさんが「ロジカル風な人」に見える、ということです。

同業のコンサルタントには、こういう人がとても多い。

私は剣道をやっていたので、剣道でたとえますが、剣道をはじめたばかりの人が竹刀を振り回している感じと言えばいいでしょうか。ロジカル風なコミュニケーションをしていますが、「まだ覚えたてで、体に馴染んでない」状態です。うまく武器を使えていません。

■ 本当に論理的な人は、人の心をわかろうとする

本来、論理思考力がある人は、視野が広い。状況に応じ、視座を高めて物事の全体像をとらえようとします。この会話文を読む限りでは、Aさんの置かれた立場に立って、Bさんはコミュニケーションをとっていないようです。だからAさんを怒らせてしまったのです。

正論をぶつけて、相手を言い負かそうとする姿勢は、決して褒められたものではありません。本当にBさんが論理的な人だったら、おそらく以下のようなコミュニケーションをとるはずです。

A:「売上が上がらないから、キャンペーンをやったほうがいい」

B:「どうして」

A:「過去に、キャンペーンをやって業績が回復したことがある」

B:「たしかに、そうかもしれないけど、他にも解決策があるかもしれないよ。でも、そういうわけにはいかないか」

A:「そうなんだ。俺の部署ができることって、何らかのキャンペーンをやることぐらいしかない」

B:「部長が好きだもんな。キャンペーンが」

A:「実は、もう社長にキャンペーンをやるべきだと進言してしまった」

B:「わかった。まずキャンペーンを成功させよう。成功させれば、部長や社長にも、別の施策を提案できるかもしれない」

A:「そうなんだ。まず俺が結果を出さないと、話を聞いてもらえない。企画部に異動してから、何も評価されてないから」

B:「俺も協力するよ」

本当に論理思考力がある人なら、Aさんの置かれた立場を考慮し、「正論を言ってAさんを説得できたとしても、その向こう側にいる部長や社長まで説得できるかというと、たぶんできない」と、仮説を立てられます。

組織という全体像を、俯瞰して視界におさめることができるからです。

■ ロジカルな人は心理学を学ぶ

論理思考力がある人なら、いずれ心理学にたどり着きます。人間はひとりで生きてはいけません。ビジネスをしているなら、なおさらです。筋の通った話し方をすることで、説得力は増しますが、説得技術で人を動かすことができないことは、経験を積めば誰でもわかります。

心理学は、人間の心を科学的に研究する学問です。実験、調査、研究を繰り返し、確立されています。

「認知心理学」や「行動経済学」「行動分析学」など、人の心理作用を体系的に整理した分野なら、世界的ベストセラーも多数あります。

人間の主観的な「認識」ではなく、実験結果など多数の「事実」をもとにして書かれているため、内容はきわめてロジカル。論理思考力が高い人ほど、興味深く読むことでしょう。そして、組織で起こる、いろいろな事象(結論)の論拠はどこにあるのか。

「部下と信頼関係を構築するには、どうすればいいか」

「先送りをすればするほど、やる気が失せるのはなぜか」

「動機付けが必要なときと、必要でないときは、どんなときか」

このように仮説を立てて、検証しつづけることができます。

最初はうまくいかなくても、自分自身でPDCAサイクルをまわしていきますから、徐々に人間関係もぎくしゃくしていかなくなります。

論理思考力がある人のほうが、感情のコントロールができ、柔軟になっていきます。本当はまっすぐに進みたいけれど、この状況では遠回りしたほうが近道かもしれない、などと論理的に理解できる力があります。人間関係を良好にするためにも、基礎的な論理思考力を身につけたいですね。