機嫌が悪いとき、不機嫌なとき、絶対にやってはいけないこと

機嫌が悪いとき、不機嫌なときというのは、誰にでもありますよね。何か腹立たしいときがあったとき、不快な気分を味わったとき、誰でも機嫌が悪くなるものです。「機嫌が悪い」というのは「苛立つ」などの表現と異なり、その感情が一定の期間続いている状態を言います。したがって、できれば早めに対処してその状態から抜け出したいですよね。そうでないと、機嫌の悪い自分に嫌悪して、さらに不機嫌になっていくかもしれません。

機嫌を悪くする原因は、多くの場合、誰かに不誠実なことを言われたり、されたりしたことが引き金になっているのではないでしょうか。そういった過去の体験や、それによって引き起こされるであろう嫌な未来を、無意識のうちに頭の中で思い描いてしまい、それらの体験が頭の中で乱反射していると思います。

正しい判断をするとき、論理的に物事を処理しようとするときには、脳のワーキングメモリーを活用します。しかし、頭の中で羽音を立てる「ハエ」がずっと飛んでいるなら、正常な処理ができません。一刻もはやく、このワーキングメモリーの中から「ハエ」を取り除きたいことでしょう。

私はよくセミナーで2種類の「体験」について話します。体験は大きく分けると、2つの種類があることを覚えておきましょう。「外的体験」と「内的体験」です。

●「外的体験」……現時点で起きている実際の体験のこと

●「内的体験」……想像やイメージ、頭の中での体験のこと

たとえば読書に集中しているときでも、いつの間にか他事を考えたりしたことはありませんか。5ページぐらい読んだはずなのに、後半の2ページほどは記憶にない。別のことが頭にあったからです。電車の中で音楽を聴いていたはずなのに、目の前に座っている人が気になって音楽に意識を向けられない、ということもあります。これらはすべて「内的体験」をしているせいです。続いて、機嫌が悪い人の頭はどうなっているか。そのメカニズムを解説します。

●嫌な「内的体験」が頭の中で無限ループしている

●無限ループは脳の思考プログラムが引き起こしている

●脳の思考プログラムは過去の体験の「インパクト×回数」でできている

要するに、頭の中で嫌な「内的体験」が堂々巡りしているため、ネガティブな思考プログラムがさらに強固になっていきます。そのため何かあるたびにプログラムが作動し、同じ「内的体験」が延々と続いていくことになります。不機嫌を治す特効薬はありませんが、悪化することを防ぐことはできます。簡単な対策としては、とにかく人に言わないことです。

自分が機嫌が悪いことを他人に言うと、そのたびごとに過去を思い返して「内的体験」を増やすことになります。これを追体験(フラッシュバック)と呼びます。当然、ネガティブな思考プログラムが強固になる原因となることでしょう。また、最悪の場合、別の種類の「内的体験」を増やしてしまうこともあります。「大きなことで不機嫌になっている」のならともかく、もしも「小さなことで機嫌を悪くしている」のであれば、ほとんどのケースで、他人に言っても共感を得られません。

「そんなことで不機嫌にならないでよ。それぐらいのことなら、私なんか毎日のようにあるって」

「おいおい、それで最近、機嫌が悪いわけ? 冗談じゃない。そんなこと誰だってあるだろ」

……などと、一笑されるか、適当にあしらわれるかの、どちらかです。しかしたとえ小さなことであっても、本人の頭の中では堂々巡りをしています。正常な価値判断ができません。ですからそのように軽んじられると、その体験によってよけいに不機嫌になってしまいます。

「どうしてあの人は私を理解してくれないのだろう。頭悪いんじゃないの?」

「どうせ私の悩みなんて誰も理解してくれない。私は一人ぼっちだ」

このように頭の中で飛んでいる「ハエ」が二匹に増えてしまいます。さらに誰かに話して軽く一笑されたりしたら、さらに三匹に増えてしまいます。絶対に避けたいですね。繰り返しますが、機嫌が悪いときの特効薬はありません。頭の中の思考プログラムを作動するキッカケを減らすことが第一です。自助努力で解決できないなら、その「内的体験」をしないような工夫が必要です。何か別の事柄に夢中になる、一所懸命体を動かすなど、他に意識を向けるようにしましょう。