仕事で「いっぱいいっぱい」にならないよう心の余裕を持つ方法

仕事が立て込んでいて、心に余裕がなくなるときは誰にでもあります。そういう場合、ついつい口に出してしまう言葉が「いっぱいいっぱい」です。

「あれもやらなくちゃいけない。これもやらなくちゃいけない……。もう、いっぱいいっぱいだ」

たまに「いっぱいいっぱい」な状態に陥るのならともかく、この言葉が口癖になってしまうと問題です。「いっぱいいっぱい状態」が恒常化すると、心に余裕が持てなくなり、感情のコントロールもしづらくなります。常に「いっぱいいっぱい」と口にしてしまう人は、目の前の仕事を「先送り」する習慣がないか、自問自答してみましょう。

何かやるべきことがあり、それを「先送り」すると、その瞬間はストレスから解放されたかのような気分になります。しかし、それは一瞬だけです。いずれしなければならない事柄であれば、「いつかはやらなければ」という思考ノイズがずっと脳の中に滞留することとなります。

滞留する場所は、脳の「短期記憶」。脳には「短期記憶」と「長期記憶」があり、短期記憶は一時的に記憶を蓄えるバッファー記憶装置の役割を果たしています。別名は「ワーキングメモリ」です。

「いっぱいいっぱい」という言葉を出してしまう人は、やることが多すぎて余裕がない。だから「いっぱいいっぱいです」と言ってしまうのでしょうが、果たして本当に可処分時間(1日の中で、生活維持に必要な時間を差し引いた後に残る、自由に使える時間)に比べて作業量が多く、余裕がないのか? 一度立ち止まって問い掛けてみるのもいいですね。

先送りしている仕事が他にもあり、「あれもやらなければ」「あれもまだできていない」「これってそもそもどうしてやる必要があるんだったっけ?」といった思考ノイズで、脳の「ワーキングメモリ」があふれている状態なのかもしれません。つまり「いっぱいいっぱい」なのは、『自分の可処分時間に対する、現在抱えている仕事を処理するために必要な時間』ではなく脳の「ワーキングメモリ」ではないか、ということです。

物理的には時間があるのにもかかわらず、思考ノイズのせいで脳の「ワーキングメモリ」に情報を蓄えることができないため、脳のデータ処理能力が低下し、論理的に物事を考える余裕がなくなる、という現象があります。当然、この状態になれば、正常にデータ処理ができないためストレスがたまっていきます。

脳の「ワーキングメモリ」にノイズがたまり、脳の処理能力が低下していますから、ますます目の前のやるべきことを着手できなくなります。「先送りスパイラル」に陥っていき、次第に大きな苛立ちを覚えることになるでしょう。

反対に、「すぐやる」習慣がある人は、脳の「ワーキングメモリ」に一定の余裕があるため、脳が適切な処理をしようとします。「どうせいつかはやることだから、今すぐにやったほうが効率的だ」「これなら20分で終わる。すぐにやれば気分もいい」などと論理的に考えることができるのです。ですから、仕事が「できる人」ほど、スケジュールに余裕がなくても、脳の「ワーキングメモリ」に余裕があるため、心を乱すことなく膨大な仕事量をこなすことができます。

どんなに頭の回転が速かろうと、素晴らしい知識を持っていようと、脳の「ワーキングメモリ」がいっぱいいっぱいなら、適切な処理ができません。ですから「先送り」の習慣がある人は、過去の実績や知識、資格、学歴などと関係なく、仕事が雑になっていきます。

心に余裕を持つためには、脳の「ワーキングメモリ」に余裕を持つことが大事です。そのためには、やらなくてはならない目先の仕事を「先送り」することなく、ドンドン片付けていくことです。「ぐだぐだ」「うじうじ」「ごちゃごちゃ」「あーだこーだ」といった思考ノイズが脳の中で乱反射しないよう、日ごろの「すぐやる習慣」が重要ですね。

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。最大のメディアは「メルマガ草創花伝」。4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  1. 1
    老後の支えとなる生活費の工面方法、単身世帯と二人以上世帯それぞれの実情をさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/27(月) 11:35
  2. 2
    金融資産を持たない世帯、夫婦世帯は2割強・単身は4割近く(2020年公開版) 不破雷蔵1/26(日) 9:04
  3. 3
    「新型肺炎の感染拡大でリスクオフの動き強める」牛さん熊さんの本日の債券(引け後)2020年1月27日 久保田博幸1/27(月) 15:38
  4. 4
    一人暮らしと世帯持ちで大きく異なる「遺産」への考え方(2020年公開版) 不破雷蔵1/26(日) 11:34
  5. 5
    SARS緩和の読み方&『失敗の本質』再考etc=日銀『終戦リポート』への期待 窪園博俊1/27(月) 6:00
  6. 6
    一難去ってまた一難、今度は新型肺炎が市場のリスク要因に、世にリスクの種は尽くまじ? 久保田博幸1/26(日) 10:52
  7. 7
    「ハイリスク・ハイリターン」な金融商品が欲しいか否か、その実情をさぐる(2020年公開版) 不破雷蔵1/27(月) 9:03
  8. 8
    公債等残高(対GDP)は本当に縮小するか? 小黒一正1/26(日) 17:02
  9. 9
    住宅ローン、借りるなら固定金利か変動金利か?(2020年) 豊田眞弓1/23(木) 14:00
  10. 10
    「リスク回避の動きを強める」牛さん熊さんの本日の債券(コラム)2020年1月27日 久保田博幸1/27(月) 10:31