ダメな組織から抜け出すにはどうすればいいのか? 「組織論2・6・2の法則」

意欲的な人たちと一緒にいて、居心地がいいと思えるか?

「組織論2・6・2の法則」とは?

「組織論2・6・2の法則」とは、組織は「20%のできる人」「60%の普通の人」「20%のできない人」に構成されやすいとした法則です。これは人間のみならず、アリ等でも同様に「働くアリ」「働くふりをするアリ」「働かないアリ」の3種類に分けられ、この配分も「2・6・2」になると言われています。

この「2・6・2の法則」で興味深いのは、ある層(レイヤー)の構成員が抜けても、残った構成員によって自然と「2・6・2」に再構成するということです。不思議ですね。たとえば「できる人」が組織からいなくなっても、「普通の人」から再び「できる人」が20%現れてくるのです。これは「できない人」が抜けても同様です。アリの世界でも同じで、「働くアリ」を集団から意図的に除いても、他の80%のアリの中から「働くアリ」が誕生してきます。

「ダメな会社」「ダメな部署」に属していることが運のツキ?

私は現場に入って組織改革をするコンサルタントですから、この「組織論2・6・2の法則」を何度も目の当たりにしています。採用で「できる人」ばかり集めても、組織が「できる人」ばかりにはなりませんし、リーダークラスがある事情で抜けてしまっても、残ったメンバーからリーダーが生まれてくるのです。

この「2・6・2の法則」は「人単位」でもありますし「組織単位」でも存在します。ある企業を観察したとき、「優秀な部署」「普通の部署」「物足りない部署」に分けられます。もちろん「会社単位」でも存在し、同じ業界でも「素晴らしい会社」「普通の会社」「ダメな会社」と構成されるのです。この法則を知ることで残酷だと感じることもあれば、救われることもあります。

絶対的な評価からすると「いまひとつ」の人材であっても、業界の中で「素晴らしい会社」に運よく勤めることができ、運よく「素晴らしい部署」に配属されたら、そこそこの結果を残せるでしょう。それなりの報酬や待遇が保障されることにもなります。反対に、人材としては力があっても、運悪く「ダメな会社」に就き、「ダメな部署」に配属されてしまったら、なかなか這い上がれません。ヒドイ場合は、その組織の「空気」に染まり、自分のポテンシャル自体を下げてしまうことになります。

原因は「脳のミラーニューロン」

組織風土改革の手法と3つのポイントに書いたとおり、組織風土は人の価値基準を決定付けるインパクトの強い要素。特定の脳の神経細胞(俗称:ミラーニューロン)が原因です。人は近くにいる人の言動のみならず思考までも無意識にモデリングしてしまうものです。同じ構成員で、組織改革がうまくいかないのはそのせいです。家庭のことでも、企業のことでも、外部のカウンセラー、コーチ、コンサルタントに「変革」を依頼するのは、その人物のスキルや能力もさることながら、同じ組織の「空気」に染まっていない人物であるから、という事実も重要なファクターなのです。

外部の人材を招聘することよりも現実的な施策は、積極的に外の空気を吸いに出かけることです。いろいろな会社や組織の人が集まるセミナーや勉強会、朝会などに出かけるのもよいでしょう。違う空気に触れ続けることで「感化」され、現在属しているレイヤーから抜け出すチャンスが手に入ります。

気をつけなければならないのは、やはり「2・6・2の法則」。コーチやコンサルタントなど、外部の人材に組織改革を依頼する場合は、その人物が「2・6・2の法則」のどこのレイヤーに属しているか、ということ。コーチやコンサルタントにも「2・6・2」があるからです。同じように、外部のセミナーや勉強会も、いろんな企業の「上位レイヤー」が集まっているかどうか、問題意識の高い人が絶えず出入りしているかで判断しましょう。

「経営者の会」でも、業績の悪い会社の経営者ばかりが集まる会が存在します。ダメ会社の社長は、そういう会にいると居心地がよいのでしょう。似たもの同士で傷を舐めあえるため入り浸っています。しかし、そういった会は下の20%に属しています。そこに顔を出している限り、そのレイヤーから脱出することはありません。

自分が「2・6・2」のどこに位置するのか?

外部のセミナーや勉強会に参加し、意欲の高い人たちと触れ合ったとき、「楽しい」「安らぐ」などと思えるようなら、現在属しているレイヤーから抜け出すことは可能です。反対に、問題意識の高い人たちと一緒にいると「しっくりこない」「居心地が悪い」と感じるようなら、今のレイヤーにどっぷり浸かりこんでいる証拠。危険です。「しっくりくる」か「しっくりこない」か、という感覚的なものを判断基準にしてください。

自分を変える。組織を変える。……と考えたとき、普段触れている「空気」を変えることがとても重要です。過去の歴史によって淀んでしまった「空気」は、なかなか変えられません。外に存在する「空気」をうまく取り入れていきましょう。

(※ 参考コラム:組織・チームの「空気」を4種類に分けてみた

企業の現場に入り、目標を「絶対達成」させるコンサルタント。最低でも目標を達成させる「予材管理」の理論を体系的に整理し、仕組みを構築した考案者として知られる。12年間で1000回以上の関連セミナーや講演、書籍やコラムを通じ「予材管理」の普及に力を注いできた。NTTドコモ、ソフトバンク、サントリーなどの大企業から中小企業にいたるまで、200社以上を支援した実績を持つ。メルマガ「草創花伝」は4万人超の企業経営者、管理者が購読する。「絶対達成マインドのつくり方」「絶対達成バイブル」など「絶対達成」シリーズの著者であり、著書の多くは、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。

有料ニュースの定期購読

本気で結果を出したい人のための「絶対達成」の思考と戦略レポサンプル記事
月額330円(初月無料)
週1回程度
累計40万部を超える著書「絶対達成シリーズ」。経営者、管理者が4万人以上購読する「メルマガ草創花伝」。6年で1000回を超える講演活動など、強い発信力を誇る「絶対達成させるコンサルタント」が、時代の潮流をとらえながら、ビジネスで結果を出す戦略と思考をお伝えします。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

ニュースのその先に ドキュメンタリーで知る世界へ