S&P500の平均的な月別のパフォーマンスを見ると、9月はマイナス1%と株が下がりやすい特徴があります。

2021年は経済回復への期待からS&P500は右肩上がりに上がり続けて来ましたが、これ以上よい材料は見当たらなくなってきました。株価はこのまま上がり続けるのでしょうか。それとも総崩れがあるのでしょうか。

U.S. Stock Market Faces Risk of Bumpy Autumn, Wall Street Analysts Warn米国の株式市場には、秋の混乱のリスクがあるとウォールストリート・アナリストが警告

■レイ・ダリオ氏 現金はゴミ

さて、米ヘッジファンド運営会社ブリッジウォーター・アソシエーツの創業者レイ・ダリオ氏はCNBCに対し「まず知っておいてほしいのは、現金はゴミであり、資産を現金で持つなということだ」と語り話題となっています。

また、暗号資産(仮想通貨)ビットコインを保有しているとしながらも、同市場は政府に破壊される恐れがあると警告しました。

「現金はゴミ」とレイ・ダリオ氏、暗号資産の保有を支持

インフレ率を考慮すると、米国債の実質金利はマイナスです。それでは、現金や債券の価値が下がる時代に投資すべき資産は何なのでしょか。

仮想通貨市場にお金が流れたのも資産バブルからでしょう。ジム・ロジャーズ氏も15日に日本取引所グループ/CQG主催のウェビナーで仮想通貨は政府によって規制されるだろうと答えていました。