クレジットカードで失敗しない、たった3つのルール

(写真:アフロ)

「セールやネットショッピングでクレジットカードを使い過ぎちゃった」そんな人も多いのではないでしょうか。クレジットカードはポイントが貯まる、サービスを受けられるなどお得な反面、手元に現金がなくても後払いにできるので使い過ぎてしまうことも。今回はクレジットカードで失敗しない3つのルールをお伝えしたいと思います。

利用限度額のルールを決めておく

「来月のカードの請求額は10万円なのに、残高が・・・」貯金残高以上に使い過ぎてしまってお金の工面に困るなんてことのないようにあらかじめ利用額のルールを決めておきましょう。

クレジットカードの利用限度額はカード会社が決めますが、自分のなかでも利用額の上限を設定しておくのです。利用額の上限は最大でも貯金額まで。例えば、貯金が10万円あるとすれば、最大でも10万円までと決めましょう。必ず貯金の裏付けを元にクレジットカードを使うのです。

貯金以上に使い過ぎてしまうと1回で支払えなくなって支払い方法を変更して手数料などを余分にとられることもあります。また、一度マイナスになると、それを補てんするためにクレジットカード払いにするといった自転車操業のサイクルに陥ってしまうからです。

なんでもカード払いにしない

次に、クレジットカードで支払う項目を決めておきましょう。食費から生活用品までクレジットカード払いにすると「生活費が足りなくなってもカードで」という発想に陥り、自転車操業になりやすいです。海外ではカフェやコンビニなど細かい支払いはデビットカード(後払いのクレジットカードと違って通常即座に銀行口座から引き落とされる)、大きな買い物はクレジットカードと分けて使われることが一般的です。

クレジットカードに慣れていない人や使い過ぎてしまう人は通信費など固定費の支払いのみに留めると使い過ぎを防止できます。上手に使えるようになってきたら、必要な大きな支払いなど(旅行代金の支払い、スーツの購入など)をクレジットカード払いにするなど利用範囲を広げていってもよいでしょう。

支払い方法は原則的に1回払いにします。毎月の支払い額を一定の額に抑えられる「リボ払い」は便利な反面、無計画に利用していくと支払い残高が膨らみ、支払い期間が延びていき、手数料をたくさん払わなければならなくなることも。極力、「リボ払い」は避けるようにしましょう。

カード明細をしっかり確認

クレジットカードを利用したら、利用の控えは必ず保管しておき、カード会社が発行する支払い明細と照らし合わせるようにしましょう。最近は明細をウェブで確認をするスタイルのカード会社も増えていますね。定期的にカード会社のサイトにログインをして明細を確認するようにしましょう。

なぜ明細の確認が必要なのかというと、誤りや不正使用などがないかと、支払いがスムーズにいくかの確認のためです。最近はクレジットカードの不正使用も増えているために身に覚えのない請求がないかを必ず確認するようにしましょう。また、クレジットカードの引き落としが上手くいかないと自分の信用情報に傷がつくことも。将来、住宅ローンなどを借りる際に不利になることもあるので十分に気をつけましょう。請求額に対して銀行預金の残高は十分なのかしっかり確認をしましょう。

カード会社のサイトにログインをするのが面倒だという人は家計管理アプリにカード情報を登録してアプリで確認をすると便利です。銀行残高が低下している場合はお知らせしてくれますし、カードの種類によってはポイントの有効期限なども管理できます。 

いかがでしょうか。上記の3つのルールをしっかりと守ってクレジットカードを上手に活用していきましょう。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo!ニュース個人編集部ピックアップ