金融バブル崩壊 日本の年金は本当に大丈夫?老後のお金は一体いくらあれば足りる?

写真はイメージ(写真:アフロ)

昨年は「老後資金2000万円問題」が大変な話題となりました。老後資金は一体いくら用意すればいいのでしょうか。関連記事にも書きましたが、2000万円というのは標準モデル夫婦でのケース。独身のケースでは1500万円程度あると安心でしょう。

関連記事

FPが教える「老後資金2000万円の蓄え必要(金融庁)」の意味

40歳、年収300万円、独身会社員の年金受給額は138万円

新型コロナウィルスに関しても楽観的と悲観論が識者の間でも揺れていますが、年金問題に関しても同じことが言えます。2000万円という数字は現在の高齢者が受け取っている年金額を大前提として試算している数字です。つまり、マクロ環境がより悪化すれば、より多くのお金が必要になる(あるいはより長く働く)必要性も考えられるのです。

また人によって年間いくらで生活できるかも違うので一概には言えませんが、2000万円の前提条件は夫婦で余裕を持って生活をするのに準備しておきたい数字になります。誰しもが老後にギリギリの生活をしたいとは望まないでしょう。

私は政治家や官僚の勉強会でも「30年後も安心な公的年金を作るには」というテーマで講演をしたことがありますが、まずは現状の年金の仕組みや財政検証を解説し、その上で将来のマクロ環境から年金がどうなるのかも予測していきたいと思います。

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2020年3月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2020年3月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ