浜崎あゆみ「未婚の親」に ひとり親が知っておきたい寡婦控除の改正ポイント

写真はイメージ(写真:アフロ)

歌手の浜崎あゆみ(41)さんが第1子を極秘出産していたことが2日、分かりました。子供の父親は年下の一般男性で、結婚はしておらず、今後もその予定はないそうです。浜崎さんは未婚の母であるシングルマザーとなりましたが、現在は様々な形の家族形態が考えられます。

時代遅れだった「寡婦控除」が改正される?

令和2年度税制改正では寡婦控除の見直しが盛り込まれています。現在の制度では浜崎さんのような未婚のひとり親は「寡婦控除」受けることが一部の自治体を除いてはできません。しかし、シングルマザーなど未婚のひとり親に対しても寡婦控除と同等の新制度を創立し、婚姻歴の有無による差を縮小する予定なのです。

そもそも寡婦控除とは戦争で夫を亡くした妻を支援する目的で1951年に創設された制度です。

結婚後に配偶者と離婚をしたり死別をした人が受けられる控除で、所得税で最大35万円、住民税では最大30万円が所得から差し引かれて税負担が軽くなるものです。

要件は次のうちどちらかを満たす必要があります。

(1) 夫と死別、もしくは夫と離婚した後に婚姻をしていない人などで、扶養親族がいる人または生計を一にする子がいる人です。この場合の子は、総所得金額等が38万円以下(令和2年分以後は48万円以下)で、他の人の同一生計配偶者や扶養親族となっていない人に限られます。

(2) 夫と死別した後に婚姻をしていない人などで、合計所得金額が500万円以下の人。この場合は、扶養親族などの要件はありません。

男性が寡夫控除を受ける場合は、妻と死別もしくは離別し、扶養親族である子どもがいて、所得制限(本人の合計所得金額が500万円以下)という要件が必要です(女性の「特別の寡婦」の条件と同じ)。また、控除額は27万円です。

しかし、女性で扶養親族がいる場合1のケースでは所得制限がありません。極端な話、年収1000万円以上稼ぎがある女性に対してもその他の要件を満たせば控除があったということです。

令和2年度税制改正では寡婦控除の所得制限を設けて男性の500万円以下にそろえる案が出ています。女性活躍時代、浜崎あゆみさんのような高所得の女性も増えてきているからです。また、寡夫控除も女性と同じ35万円になる予定です。

様々な家族の形態が一般的になりつつある中、画一的だった税制も変わりつつあるということです。男女の性別や婚姻の有無に関わらず、全ての人が平等に国の制度を利用できることを実現させようとしているのでしょう。ただし、まだ税制では事実婚などだと受けることが難しい制度や手続きが例外的な部分もあるために注意が必要です。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。