2020年こそ貯めたい人が年末にやりたいお金の大掃除

写真はイメージ(写真:GYRO PHOTOGRAPHY/アフロイメージマート)

2020年こそ心機一転してお金を貯めるためにも、部屋の大掃除のように年末のうちにお金の大掃除をしておきたいものです。やっておきたいことは次の3つです。明細関係、領収書関係、クローゼットなど買い物した物の整理を行っておきましょう。

1.通帳、クレジット明細の確認

しばらく通帳やクレジット明細を見ていないという人も多いのではないでしょうか。通帳やカード明細を見ずにクレジットカードで買い物を続けていると、実際に使える金額以上に使い過ぎている状態が続いてしまうことも。しっかりと身の丈を確認するためにも年末に一度通帳記帳をし、クレジットカード明細も確認をしておきましょう。

年始と比べて残高が減っているのなら今年は使い過ぎてしまったということです。来年は残高を増やす努力が必要です。

また、カード明細を確認する際に貯めたポイントの有効期限もチェックしておきましょう。有効期限がせまっているようならポイント交換の手続きも進めてくださいね。

2.領収書の整理

医療費がたくさんかかり、医療費控除を申告しようと思っている人は領収書を集めておきましょう。確定申告の際に領収書が必要なので大掃除でうっかり捨ててしまうことのないようにしてください。

医療費控除は1月1日から12月31日までの1年間で医療費にかかった合計金額が10万円(総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等の5%の金額)を超える場合に申告することができます(医療保険など給付金がある場合は合計額から引く必要あり)。

お財布を一緒にしている親族も医療費を合算して申告することができます。例えば、田舎の両親に仕送りをしているという場合、都心で働く人が医療費控除を申告することができる場合もあります。

払い過ぎた税金を取り戻す還付申告の場合、翌年の1月から5年間行うことができるので年内に還付申告の準備をしておけば、税務署が空いている時期に手続きをすることも可能です。

3.クローゼット等の整理

大掃除の際にクローゼットの整理整頓もやっておきましょう。クローゼットを手付かずのままに年始のバーゲンに出かけてしまうと、似たような物を買ってしまうなどの失敗を招きかねません。今持っている自分の洋服や小物を再確認し、足りない物をリストアップしておきましょう。

また何年も着ていない洋服は思い切って捨ててしまうのも手です。一度痛い思いを経験しないと安いからと言って着ない洋服をずっと買い続けることになるからです。

時間に余裕があれば使わないポイントカードやクレジットカードの整理整頓も行うとよいですね。私は海外で生活を始めてから常日頃に持ち歩くのはデビットカードとプリペイドカードの2枚になりました。ペイサービスなども利用すれば事足りるからです。

日本以外でも世界的にクレジットカードの特典は多いのですが敢えて作らないことで支出をぐっと減らすことができるようになりました。現金やデビットカードはインセンティブが何もつかない(もしくは低い)ので消費を抑えようという効果が出るようです。ポイント欲しさに買い物をするということもなくなりました。

いかがでしょうか。来年こそは物欲から自由になり、お金の不安をなくせるように努力をしたいですね。そのためにも年末から準備を始めましょう。

―――――――――――――――――――――――――――――

新春スペシャルセミナーのお知らせ

2019年のお金の支出を大掃除して、来年こそしっかり貯金できるよう、新年にマネープランを考えるセミナーを開催します。FP花輪陽子があなた独自のマネープラン作りをサポートします。

「2020年 FP花輪陽子と一緒に考える幸せになるマネープラン」

2020年1月7日(火)19:15開場 19:30スタート

(会場:天狼院書店「Esola池袋店」)

「2020年 FP花輪陽子と一緒に考える幸せになるマネープラン」

※本セミナーはYahoo!ニュース個人が支援しているものです。

・お申し込みはこちらから

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ