アジア富裕層から学ぶお金が貯まる3つの習慣

写真はイメージ

おカネが貯まらない人に何らかの理由があるように、大金持ちになる人にも、やはり理由があります。

あなたは、富裕層はめちゃくちゃ豪快にお金を使っているように思いますか?その答えはNOです。富裕層ほどお金の使い方にシビアな人はいないでしょう。

試しに、富裕層を相手にして彼らからサービスフィーとして1円でも取ろうとしてみるとよいでしょう。そんな簡単に財布を開こうとしないことに気づくことができるはずです。

私は今シンガポールで暮らしているのですが、同国は金融資産が1億ドル(約110億円!)を上回る「超富裕層世帯」の割合が、香港(10万世帯あたり15.3世帯)に次いで世界2位(同14.3世帯、2015年のボストンコンサルティンググループの世界の家計金融資産に関する調査)です。

パーティーに行くと、「この人たちは普段どこで生活をしているのだろう?」というような浮世離れした、いかにも富裕層に出会うことができます。

富裕層ほど裏では質素倹約?

そんな富裕層ですが、見えるところはゴージャズに着飾りますが、裏では質素倹約生活をしている人も少なくありません。

ダイエットに例えるなら、「低糖質ダイエット」でしょうか。短期間で効果が出ることも多く、世界中で人気がありますね。

脂肪となる糖質を極限まで減らし、タンパク質など筋肉になるものを積極的に食べる方法です。実は「無駄遣いを減らし、おカネを増やしていくこと」もこのダイエット方法に似ています。

富裕層は「糖質」のような「無駄な支出」はほとんどなく、「タンパク質」的な「資産価値の増えるもの」だけにおカネをかけるようにしているのです。

こうした生活を習慣化しており、子どもにも必ず引き継ぐのでなるべくしてお金持ちになっていたのです。

この連載の中では富裕層から学ぶ「金融デトックス」の仕方も具体的に技に落とし込んでお伝えしていきましょう。

初期費用は一切かからないものがほとんどなので年金生活をしている人や専業主婦でお金を守らなければならない立場の人も役に立つことは間違いありません。

そう、何代も続いている富裕層の家系はお金を守るスペシャリスト集団と呼び変えることもできるでしょう。

特にアジア富裕層はインド、中国など様々な地域から集まるために、日本人からすると想像の域を超える節約法や考え方があって、FPの私も度肝を抜かされることがよくあります。

そのような新しいお金に対する考え方を日本にも紹介したいと思ったのです。

さて、今回は富裕層が実践しているお金が貯まる3つの法則をお伝えしましょう。

1. お金が貯まる仕組みを作る

2. 情報収集をする

3. レバレッジをかける

来年こそはお金を貯めたい、富裕層のマネー管理術に興味があるという人はぜひ読み進めてみてください。それぞれ具体的に解説をしていきます。

この記事は有料です。
アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバーをお申し込みください。

バックナンバーの購入

商品名

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣のバックナンバー2019年12月サンプル記事

花輪陽子

価格

660(記事2本)

2019年12月号の有料記事一覧

すべて見る

著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

注意事項
  • 購入後も記事の提供を中止させていただく場合があります。

    注意事項」を必ずお読みいただき同意のうえ、ご購入ください。

  • 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

Yahoo! JAPAN 特設ページ