10月1日から神奈川県で自転車保険の加入が義務化 家族で年8000円の負担に?

写真はイメージ(写真:ペイレスイメージズ/アフロイメージマート)

10月1日から神奈川県で自転車保険の加入が義務化されます。埼玉や名古屋などではすで義務化されており、事故の多い東京でも早くて2020年4月には義務化される可能性があることをご存知でしょうか。

背景として、自転車の重大事故により高額な賠償金を請求されるケースが増えています。もしも自転車保険に加入していない場合、賠償金として数百万円から数千万円といった多額の賠償金の支払いが要求されるケースもあるのです。

このような万一に備えて、自治体は被害者保護とともに、加害者の経済的な負担を軽減させるために自転車保険の加入を促しており、すでに義務化させている自治体も多くあるのです。また、住民ではなくても対象地域を自転車で通過する際には自転車保険の加入が義務付けられています。

北海道努力義務

仙台市義務

埼玉県義務

群馬県努力義務

千葉県努力義務

東京都努力義務

相模原市義務

名古屋市義務

金沢市義務

滋賀県義務

京都府義務

大阪府義務

兵庫県義務

鳥取県努力義務

徳島県努力義務

香川県努力義務

愛媛県努力義務

福岡県努力義務

熊本県努力義務

鹿児島県義務

2019年4月au損保調べ

各自治体の条例では、主に事故を起こした時に、被害者側からの賠償を補償する個人賠償責任保険に加入するように定めています。自転車事故に備えるには、相手に対しては「個人賠償責任保険」、自分に対しては「傷害保険」に加入する必要があり、これらをセットにしたものが自転車保険となるのです。

個人賠償責任保険は比較的少ない保険料で1~2億など大きな賠償請求に備えることができます。

個人賠償保険について掲載した関連記事

「子供がお店の物を壊してしまった」-コスパのよい保険でリスクに備える方法

https://news.yahoo.co.jp/byline/yokohanawa/20170829-00075034/

家族4人が自転車に乗っているという家庭の場合、個人がバラバラに入るのではなく、家族全員がまとめて補償に入る方が割安になる場合が一般的です。

気になる保険料は一人の場合、年間2000円~4000円程度です。家族全員を補償するタイプだと、年間4500円~8000円程度などになります。保険料は一般に補償金額や補償の範囲などによって異なります。価格.comなどでも保険料の比較をすることができます。

10月から消費税が上がり、家計の負担も増える中、保険料を支払うことは大変かもしれません。しかし、万一事故に遭ってしまえば家族の生活を脅かすようなリスクもあります。多くの自治体で義務化されていく流れですから、自転車に乗るのであれば自転車保険は必須と考えていきたいですね。

外資系投資銀を経てFPとして独立。『少子高齢化でも老後不安ゼロ シンガポールで見た日本の未来理想図』 (講談社+α新書)など著作多数。日本テレビ「有吉ゼミ」、フジテレビ「ホンマでっか!?TV」などテレビ出演多数。花輪陽子のシンガポール富裕層の教え https://www.mag2.com/m/0001687882.html 海外に住んでいる日本人のお金に関する悩みを解消するサイトを運営 https://100mylifeplan.com/

有料ニュースの定期購読

アジア富裕層から学ぶお金が貯まる習慣サンプル記事
月額660円(初月無料)
月2回程度
著者が住むシンガポールには世界中から超富裕層が集まります。特に中華系やインド系はお金の使い方全てが投資目線で、余分な支出を体脂肪率に例えるとゼロに近い! 彼らから学んだ、普通の人から富裕層にジャンプアップする考え方や技とは? 日本には将来が不安でお金を使えない人が多いのですが、お金は有効活用して初めて増えるもの。収入、支出、資産運用(不動産、金融)など、楽しみながら自然とお金が貯まるように指南します。

Facebookコメント

表示

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

専門家の知識と情報で、あなたの生活が変わる