GW中にお金を使い過ぎない5つの工夫

写真はイメージ(写真:ペイレスイメージズ/アフロ)

海外や国内旅行などで財布が緩みがちなバケーション。バケーション明けに金欠にならないようにお金を使い過ぎないコツを5つお伝えします。

1.予算を立てる

旅行に行く人、旅行中に人は旅行の総予算と1日の予算を決めて守るようにしましょう。予算を決めていないと、ついつい高いレストランに行ってしまったり、経験はプライスレスとお金をつぎ込んでしまいがちだからです。

2.買い物時には電卓を持ち歩く

ショッピングの際にはスマホや電卓で都度計算をするようにしましょう。特に外貨だといくらなのかよく分かりにくくなるものです。

3.タックスリファンドなどはまめにする

海外旅行の際には買い物をタックスリファンドできることも。めんどくさがらずに手続きを調べて受けられるリファンドはするようにしましょう。

4.クレジットカードの明細をチェック

新興国などの場合、高級ホテルでもデポジットなどダブルチャージされたり、割引の適用がされていないなどのミスもよく起きるものです。チェックアウトの際に必ず明細にくまなく目を通して間違いがないようにチェックしましょう。また、帰国後もクレジットカードの明細に目を通し、不正請求やダブルチャージがないかを確認しましょう。万一、身に覚えのない支払いがあった場合もすぐにクレジットカード会社やホテルなどに問い合わせをすれば払い戻してもらえる場合もあります。

5.帰国後は支出の調整を

バケーションで美味しいものを食べたりすると、そのペースで帰国後も外食に行きがちです。ですが、なるべく早く日常生活に戻して膨らんでいた生活費を通常通りに戻すようにしましょう。

特に旅行で使い過ぎてしまったという場合はその後は節約をしてプラスマイナスゼロに調整する必要があります。

また次のバケーションに行くためにも一度のバケーションで使い過ぎないように心がけましょう。