2%還元も 今注目の国際ブランド付きプリペイドカードとは

写真はイメージ(写真:アフロ)

クレジットカードは使い過ぎそうで怖いけれど、ポイントが貯まらない現金払いもイヤだという人も多いでしょう。今回は、クレジットカードと同様に使えながら、より安心して利用でき、ポイントを貯めることができる国際ブランド付きプリペイドカードを紹介したいと思います。

国際ブランド付きプリペイドカードは、Visa、MasterCard、JCBなどの国際ブランドが付いていて、それらを取り扱っている店舗で利用できるため、クレジットカードのように幅広く使うことができます。クレジットカードではなく、先にチャージをするプリペイド式なのでチャージした以上に使い過ぎることがないのが安心です。また、クレジットカードより低年齢から、審査なしで申し込むことができるのが一般的で、年会費も無料な場合が多いです。

「dカード」「au WALLETプリペイドカード」「ソフトバンクカード」など国際ブランド付きプリペイドカードはたくさんありますが、還元率の高さでは「LINE Payカード」が魅力的です。

「LINE Payカード」は、100円使うと2円分のポイントが貯まってポイント還元率が2%と非常に還元率が高く注目されています。JCB加盟店の国内外約3000万店で使うことができ、事前にチャージさえしておけば、国内外のJCB加盟店であればどこでもクレジットカードのように利用できるのです。

貯まったLINEポイントはLINEストア内でスタンプや着せかえを購入できるほか、LINEコイン、Amazonギフト券やPontaポイント等への交換、各種ギフト商品などに利用もできます。また、1000ポイント貯まればLINE Payカード残高に交換することができるのも大きなメリットです。

プリペイドカードはクレジットカードではないので、公共料金の毎月自動引き落としには原則対応していません。そのため、ポイントを効率的にためたいという方はクレジットカードと合わせて利用する方法をおすすめします。例えば、携帯料金などの自動引き落としは還元率が高いクレジットカードを利用し、現金の代わりにプリペイドカードを利用するなどです。

手持ちのクレジットカードに加えて現金で支払ってきた部分をこうした高還元率のプリペイドカードに変えることでよりポイントをためることができます。