世界が注目する「モリンガ」とは

森林伐採によって地球温暖化や生態系破壊などが世界的な課題となっている
森林伐採によって地球温暖化や生態系破壊などが世界的な課題となっている写真:アフロ

 「モリンガ(ワサビノキ)」という植物をご存知だろうか。インドや南アフリカに自生する可食植物で、葉や鞘は食用として、種はオイル抽出用として用いられる。インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」では、様々な病気を防ぐメディカルハーブとして扱われるなど、古くから人類の生活に用いられてきた植物だ。

 基本的に熱帯、亜熱帯での自生や栽培がされており、最大の生産国はインドとなるが、フィリピンやタイなどでも生産されている他、日本でも沖縄や奄美群島などで商用の栽培が始まっている。

 モリンガは別名「奇跡の植物」「生命の木」とも呼ばれ、ビタミンやミネラル、食物繊維などの基本栄養価が非常に高いため、海外では健康食材としても用いられている。また、植物としての成長の速さから、SDGs(持続可能な開発目標:Sustainable Development Goals)の観点からも注目を集めている。

モリンガを練り込んだラーメン?

『焼きあご塩らー麺 たかはし』の「彩りトマトの冷しモリンガ麺」。
『焼きあご塩らー麺 たかはし』の「彩りトマトの冷しモリンガ麺」。

 そんなモリンガを使ったメニューで飲食業界に活気を与えようというイベント『PURE MORINGA × 東京ジャック』が、「国際モリンガ・デー」である7月13日より都内の飲食店で展開されている。参加している店はレストランや居酒屋、ラーメン店、菓子店などバラエティに富んでいる。また原料の売り上げの一部は、モリンガの植栽活動をすすめる基金に使われるという。

 その中でも注目を集めているのが、モリンガを麺に練りこんだ「モリンガ麺」を使ったメニューだ。都内を中心に多数店舗を展開しているラーメン店『焼きあご塩らー麺 たかはし』(本店:東京都新宿区歌舞伎町1-27-3)では、モリンガを配合した麺を使ったメニュー2種類を夏季限定(〜9月まで)で販売している。

 「じゅんさいの冷たいモリンガつけ麺」は、モリンガを練りこんだ緑色のオリジナル麺に、じゅんさいと鶏スープをベースに作ったつけ汁を合わせた冷たいつけ麺。「彩りトマトの冷しモリンガ麺」は、モリンガ麺とトマトをはじめ夏野菜をふんだんに使った冷たいラーメン。いずれも1ヶ月ごとに販売店舗が異なる

都内の飲食店が多数イベントに参画

『Burger & Noodle Chipoon』の「ピスタチオのベジタブル和え麺」(上)と、『銀座鴨そば九代目けいすけ』の「芳醇鴨そば」。
『Burger & Noodle Chipoon』の「ピスタチオのベジタブル和え麺」(上)と、『銀座鴨そば九代目けいすけ』の「芳醇鴨そば」。

 『PURE MORINGA × 東京ジャック』イベントでは、他にも様々なジャンルの飲食店がモリンガを使ったメニューを開発し、提供している。身体にも良く、地球環境改善にも寄与するモリンガメニューを、この機会に試してみてはいかがだろうか。

【PURE MORINGA×東京ジャック HP】

※写真提供:各店舗(出典があるものを除く)。

【関連記事:「ラーメンの常識」を劇的に変えた一杯が ついに東京駅へやって来た

【関連記事:ついに東京に進出を果たした 大阪で人気の「エスプーマラーメン」とは?

【関連記事:150日しか食べられない? 人気イタリアンが本気で作る前代未聞の「かけラーメン」